プログラミングスクール

【徹底比較】転職支援付きおすすめプログラミングスクール5選【スクール卒業生が解説】

どうも、こんにちは。 ハルオ(@haruovlog)です。

  • 未経験者はプログラミングスクールに通った方がいいの?
  • 何種類もプログラミングスクールがあるけど違いは?
  • おすすめのプログラミングスクールが知りたい

今回はそんな疑問に対して、プログラミングスクール卒業生のハルオが実体験に基づいて、お答えしていきたいと思います。

この記事では、

  • 未経験者にプログラミングスクールがおすすめの理由
  • 各社プログラミングスクールの違い
  • おすすめのプログラミングスクールはどれか?

について、解説していきます。

ハルオ
ハルオ

僕は大手プログラミングスクール【TECHCAMP(旧TECH::EXPERT)】の卒業生で、プログラミング未経験ながら内定を3社いただくことができました(うち2社は自社内開発、1社は受託開発の企業)

プログラミングスクール卒業生として、『スクールに通う前に事前に知っておきたかった』情報をまとめた上で、記事を紹介していきます。

 

🔽おすすめのスクールはこちら🔽
  1. TECHCAMPエンジニア転職【10週間で一番スキルが身につく】
  2. DMM WEBCAMP【就職サポートが手厚い】
  3. CodeCampGATE【PHPを採用、オンラインで全国から受講可】
  4. ポテパンキャンプ 【転職キャッシュバック付でコスパ最高】
  5. DIVE INTO CODE 【少数精鋭の質の高いサポート】

未経験者はプログラミングスクールに通うのが転職の近道

結論、プログラミング未経験者がエンジニア転職しようと思ったら、プログラミングスクールに通うのが一番の近道と言えます。

その理由は3つあります。

  1. 現役エンジニアに質問できたりと、挫折しにくい環境が整っている
  2. 教材がエンジニア転職に特化しているから、最短でエンジニア転職できる
  3. 転職支援や独自の就職コネがあるため、未経験でも転職しやすい

現役エンジニアに質問できたりと、挫折しにくい環境が整っている

未経験でプログラミング学習を独学で始めた時、一番辛いのが、分からない所が出てきた時に誰にも相談できず、そのまま挫折してしまうことです。

それに、独学だと現場ではやらないような間違ったプログラミングのお作法で学習してしまっている場合も多いです。一方スクールでは、メンターや現役の先輩から現場ベースのアドバイスを貰ったりと大変参考になります。

また、スクールには、メンターというカリキュラムの進捗の管理や転職サポートをやってくれる方がいます。

自分ひとりではサボリがちになってしまう人もばっちりバックアップしてくれるので、学習を継続させる仕組みが整っており、独学と比べて圧倒的に挫折しにくい環境になっています。

プログラミングは最初の最初が一番ハードルが高く、独学だと挫折しがちです。

ですので、自分ひとりでは無理そうだなと感じたら、メンターの力を借りれる環境でスキルを身に付けた方がストレスなく、無駄に悩む時間を省いて学習することができるのはスクールに通う大きなメリットです。

教材がエンジニア転職に特化しているから、最短でエンジニア転職できる

現在のプログラミングスクールは、趣味程度にプログラミングを学ぶのではなく、明確に未経験でもエンジニアに転職するという目標を元にカリキュラムが組んであります。

現場で役に立たない一切の無駄を省いたことで、短期間で未経験エンジニア転職することに特化した学習内容に最適化されているのが特徴です。

しかも、『未経験でもエンジニアに転職できた』という数多くの実績から、企業ニーズの把握もバッチリなので、常に現場ベースのカリキュラムにブラッシュアップされていきます。

とはいえ、短期間の学習で現場レベルに引き上げるのは正直厳しい所があるのも事実です。しかしエンジニアとしての正しい基礎知識と業界の文化はしっかりと身につけられるので、独学と比較して、転職時の大きな武器になっているのは間違いないです。

転職支援や独自の就職コネがあるため、未経験でも転職しやすい

プログラミングを学んだとしても、独自に求人サイトなどで未経験可の求人を探した場合、企業側からは完全未経験者と同じようなレベル感で見られやすく、プログラミングスクールで学んだことが評価されにくい傾向が少なからずあります。

一方でプログラミングスクールは膨大な転職実績があるため、企業側とのコネクションがすでに出来ており、スクール斡旋先の企業は「スクール出身者が何が出来て何が出来ないのか」「完全未経験者とどこが違うのか」を把握しているため、能力のマッチングミスが起きづらく、転職を有利に進めることができます。

また、スクールにしか未経験での求人を出していないという企業もあるので、未経験で有名企業へのエンジニア転職を考えるのであれば、スクールに通うのが間違いなくおすすめです。

もちろん、履歴書の添削や面接対策だけではなく、将来のキャリアプランについてまで、しっかりと相談できるので、就職サポートも充実しているため、エンジニア転職するための最高の環境が整っています。

失敗しないプログラミングスクール選びの基準とは

プログラミングスクールへの投資は決して安い金額ではないため、通い始めてから後悔しないためにも、スクール選びはかなり重要なポイントです。

僕の経験上、まずは下記事項を自分なりに整理してから、「自分はどこのスクールがベストか?」の最適解を見つけていきましょう。

  • オンライン・オフライン学習どちらにするか
  • 有料・無料のプログラミングスクールどちらにするか
  • スクールに通うにあったて何を重視するかを明確にする

オンライン・オフライン学習どちらにするか

まずは、学習スタイルをネット上のやり取りで完結するオンラインでやるか、実際に教室まで赴いて、学習するオフラインで学習するかを決めないといけません。

結論はシンプルで、オフラインでの学習をおすすめします。

理由は、チーム開発など、より現場に近い雰囲気で実践的な内容に踏み込めるため、実際エンジニアになったときの仕事の進め方等を事前に体験できるのは大きなメリットだからです。

それに教室には同じようなエンジニア転職を志す同期の存在や、メンターと直で話すことができるので、モチベーション維持にも繋がります。

また、オフライン学習でも、ネット回線が繋がれば自宅でも学習可能なので、

地方在住だから、近くにプログラミングスクールがない

といった方以外は、オンラインで学習をするメリットはないと言えるでしょう。

有料・無料のプログラミングスクールどちらにするか

有料・無料プログラミングスクールにどちらがいいのかについて、

これも答えはシンプルで、有料プログラミングスクールをおすすめします。

理由は無料のプログラミングスクールの収益構造にあり、無料のところはスクール生を就職斡旋し、斡旋先の企業から紹介料という報酬をもらうことで利益を出しています。

ですので、無料スクールは無料でプログラミングを教えてくれますが、スクール生は、プログラミングスクールが提携している企業、もしくは人材紹介サービス経由で転職しないといけません。

しかも、このような無料スクールはとにかく就職させることが前提となってくるので、一般的にはブラックの温床になりやすい「SES」の会社を紹介されるケースが多いです。

SESとは「システムエンジニアリングサービス契約」の略で、クライアントに自社の技術者を派遣することを指します。

要はエンジニアの派遣サービスの事をSESと言います。

色々な環境で経験を積めるメリットはありますが、客先に放り込まれるため、扱いとしてはブラックになりやすい傾向にあります。

とはいえ、無料プログラミングスクールが、そんなブラック企業ばかりを紹介していたら、悪い口コミで経営できなくなるのは目に見えているので、優良企業に就職する人も一定数いるのも事実です。結局は本人次第なところがあります。

しかし、無料のところは企業に人材を紹介することに重きを置いているため、有料と比較して、

  • カリキュラム
  • メンター(講師)
  • 就職サポート
  • 生徒

上記のどれも質は劣っていると言わざるをえません。

ですので、高い授業料が必要になってきますが、プログラミングの学習を終えて、優良企業に就職したいと考えている方は、間違いなく有料のプログラミングスクールがおすすめです。

ハルオ
ハルオ

未経験で別業界に転職するというリスクを背負っているのに、さらに自らを不利な状況に追い込むのはナンセンスだと思います。

「これから人生を変える」という決心をしたからこそ、できる限り質の良いプログラミングスクールに通う方が安心です。

スクールに通うにあったて何を重視するかを明確にする

昨今のプログラミングスクールは、どこも未経験からのエンジニア転職に力を入れており、実績も豊富なため、未経験から転職したい人にとって、どこも悪くはない優良スクールなのは間違いないです。

一方で、

  • 指導方針
  • 受講料
  • 使用言語

などは、どこのスクールも違いがあります。

そのあたりはこれから紹介するおすすめスクール一覧で確認しつつ、自分がスクールに通う目的や、重視するポイントに一番近いスクールをよく吟味することで、受講前のミスマッチを減らすことが重要です。

また、スクールは無料体験や無料カウンセリングを実施しているので、そこで疑問を解決し、スクールとのミスマッチを防ぐセーフティネットとして利用するのがベターです。(自分で考えたエンジニアのキャリアプランも相談してみるのもありです。)

とはいえ、人によって良いスクールの基準や、メンターとの相性は必ずあるので、最終的には直感で、実際に相談した時のメンターや教室の雰囲気で『ここは信頼できそうかも』と思えるところを選ぶのがいいでしょう。

おすすめプログラミングスクール5選

🔽おすすめのスクールはこちら🔽
  1. TECHCAMPエンジニア転職【10週間で一番スキルが身につく】
  2. DMM WEBCAMP【就職サポートが手厚い】
  3. CodeCampGATE【PHPを採用、オンラインで全国から受講可】
  4. ポテパンキャンプ 【転職キャッシュバック付でコスパ最高】
  5. DIVE INTO CODE 【少数精鋭の質の高いサポート】
プログラミングスクール比較まとめ

TECH CAMPエンジニア転職

TECHCAMP エンジニア転職(旧名:テックエキスパート)は、株式会社divが運営するプログラミングスクール。最低600時間の徹底したカリキュラムを10週間という短期間で完走します。転職先には上場企業から勢いのあるベンチャーまで実績多数。
期間短期集中スタイル:10週間
夜間・休日スタイル:6ヶ月(600時間)
年齢不問
受講形式オフライン・オンライン可
対応地域東京(渋谷)、大阪(難波)、愛知(名古屋)、福岡(博多)
受講内容HTML,CSS,Ruby,SQL,Git,チーム開発 他
転職支援あり※就職できなければ、受講料全額返金保証あり
費用短期集中スタイル:598,000円
夜間休日スタイル:798,000円
スクールの特徴
  • 合計600時間に及び、チーム開発等の現場を意識した実践的カリキュラム
  • 未経験からフリーランスになるための初案件獲得サポートを実施

詳細ページ公式ページ

 

テックキャンプ エンジニア転職は、600時間で即戦力になれるように現役エンジニアが作成した独自のカリキュラムが組まれています。

10週間で600時間の学習は正直かなりハードですが、その分、未経験としは実務に活かせるレベルの高いプログラミングスキルを短期間で身に付けることができます。

かなり短期間での学習なので、スパルタなのは間違いないのでそこは覚悟した方がいいでが、実績として学習完了率94.1%、転職成功率98.5%と高い数字を記録しています。

これは大手ならではの徹底した進捗管理によって、挫折しにくい最高の環境が用意せれているからです。

即戦力のスキルを身に着けたエンジニアを輩出する自負があるため、30代以上の方でも積極的に受け入れを行っているのも特徴です。

また、テックキャンプは未経験からフリーランスで案件獲得までをサポートしてくれるプログラミングスクールなのも魅力の一つです。

向いている人
  • 即戦力のエンジニアスキルを最短で身に付けたい方
  • フリーランスという働き方に興味のある方
  • 30代でエンジニアに転職希望の方
【実体験・評判 】テックキャンプエンジニア転職(旧テックエキスパート)夜間コースに通った感想を暴露どうも、こんにちは。ハルオ(@haruovlog)です。 『未経験からエンジニア転職することを目標にプログラミングを学習できるスク...

DMM WEBCAMP

DMM WEBCAMPは、東京の渋谷と新宿、大阪の難波に拠点を置く株式会社インフラトップが運営するプログラミングスクール。転職成功率が98%と驚異的であり、転職実績に自信あり。社内には転職エージェントも在籍しているため、エンジニア転職の手厚いサポートが受けられます。
期間短期集中コース:3ヶ月(450時間)
夜間・休日コース:5ヶ月 + 就職活動期間3ヶ月
年齢30歳未満(30歳以上は要相談)
受講形式オフライン・オンライン可
対応地域東京(渋谷・新宿)、大阪(難波)
受講内容HTML,CSS,JavaScript,Ruby,MySQL 等
転職支援あり※就職できなければ、受講料全額返金保証あり
費用短期集中コース:628,000円
夜間休日コース:828,000円
スクールの特徴
  • 転職支援実は驚異の98%、一年以内の離職率も1%未満
  • 大手DMMならではの転職・キャリアサポートが充実

詳細ページ公式ページ

 

DMM WEBCAMPは『転職成功率98%、一年以内の転職先離職率が1%未満』と業界内で最高水準の実績を誇っています。

特に離職率を公表しているスクールはDMM WEBCAMPだけなので、未経験のエンジニア転職を成功させるための転職サポートに一番力を入れているスクールと言えるでしょう。

具体的には自己分析、面接対策から企業紹介まで、卒業後のキャリアを見据えたアドバイスを専属のキャリアアドバイザーがしっかり支援してくれるので、面接が不安という人も安心して転職活動に臨むことができます。

今では大手IT企業のDMMが「WEBCAMP」を運営している株式会社インフラトップを買収したので、DMMの後ろ盾によって企業とのコネクションがより強化され、さらなる転職サポートの充実が期待されています。

DMM WEBCAMPのカリキュラムは未経験にやさしいハードすぎない適度さが特徴です。

スパルタすぎずに、密度の濃いプログラミング学習で継続し続ける「継続率」、途中で挫折せずに最後までカリキュラムをやりきる「修了率」はプログラミングスクールの中でもかなり高い数値を誇っています。

詰め込みすぎない、かといって楽すぎない適度なカリキュラムが組まれているので、どんなバックグランドをお持ちの方でも、普段の生活ペースを乱さずに学習できます。

向いている人
  • 転職活動に自信がなく、キャリアサポートを期待したい人
  • ハードすぎない、適度なカリキュラムでコツコツ積み上げたい人
【評判・口コミ】DMM WEBキャンプの強みとは?【元スクール生が解説】どうも、こんにちは。ハルオ(@haruovlog)です。 未経験からITエンジニアになるためには、プログラミングスキルを最短・確実...

CodeCampGATE

CodeCampGATEは、コードキャンプ株式会社が運営しているオンライン形式でのプログラミングスクール。基礎からマンツーマンで指導を受けることができるので、オンライン受講だけれども挫折率は低いです。転職支援も専任のキャリアアドバイザーによる個別カウンセリングが受けられます。
期間4ヶ月(400時間)
年齢30歳未満(社会人経験必須)
受講形式オンライン(マンツーマン・チャット)
対応地域
受講内容HTML,CSS,PHP,JavaScript,MySQL,チーム開発 他
転職支援あり
費用478,000円
スクールの特徴
  • 学習言語は有料スクールでは珍しいPHPを採用
  • 完全オンライン+マンツーマンで習得度に合わせた受講ができる

詳細ページ公式ページ

 

CodeCampGATEは完全オンラインのプログラミングスクールです。

他のスクールと違い、オンラインで全ての受講が完結するので、全国どこでも受講することができます。

地方在住でプログラミングスクールが近くにない人や、忙しくてなかなか通学まではできないという人は筆頭候補のスクールと言えるでしょう。

オンラインながら、専属エンジニアメンターとマンツーマンでカリキュラムを進めていくので、オンラインでありがちな途中でフェードアウトしてしまうことになりにくく、個人個人でしっかりと面倒を見てもらえるので、挫折しにくいのが特徴です。

オフラインだと膨大な人数を少人数のメンターで捌いていくので、マンツーマンで教えてもらえるなんて、夢のまた夢ですから。

また、大手企業(LINE、ガンホー、セプテーニ、オプト、アクサ生命など)が社員研修として利用しており、今までの受講者数は20,000名以上と、実績があるスクールなので、「カリキュラム」や「講師陣の質」はお墨付きといます。

特にCodeCampGATEの目玉となるのは後半2ヶ月のチーム開発です。

スクールのチーム開発は、同期のスクール生とチーム開発をするのが一般的ですが、CodeCampGATEは担当メンターとガチのマンツーマンで開発をします。

さながら現場の上司と部下の関係で、より現場に近いカリキュラムになっているので、相当技術は身につくはずです。

使用言語は、スクールとしては珍しいIT市場で一番需要の多いPHPを中心に学んでいくので、求人数も比較的恵まれており、就職に関しても優位に立つことができるはずです。

ただし、就職サポートは他社同様に業務経歴書の書き方や面接対策、キャリア相談はやってくれますが、実際の案件紹介まではやっていません。

就職は他エージェント経由か、自分で各社に応募していく姿勢が求められます。

向いている人
  • 現役エンジニアによるマンツーマン指導を受けたい方
  • IT市場の需要が大きいPHPを学習したい方
  • 地方からオンラインで学習したい方

ポテパンキャンプ

ポテパンキャンプは、東京の渋谷に拠点を置く株式会社ポテパンが運営するプログラミングスクール。Rubyに特化したカリキュラムにすることで料金を抑えています。また転職成功すると全額キャッシュバックが受けられる財布に優しい有料スクールです。講師はすべて現役エンジニアが担当。
期間選抜クラス キャリアコース:3ヶ月(240時間)
選抜クラス ビギナーコース:4ヶ月(320時間)
年齢不問(転職意欲のある方)
受講形式オンラインのみ
対応地域東京(渋谷)
受講内容HTML/CSS,JavaScript,Ruby,PostgreSQL
選考なし
転職支援あり※転職成功で全額キャッシュバック
費用選抜クラス キャリアコース:250,000円
選抜クラス ビギナーコース:300,000円
スクールの特徴
  • 選抜制度を採用しているので、丁寧な対応が可能
  • Ruby on railsに特化したカリキュラム
  • 相場の半額で転職支援付きスクールを受講できる

詳細ページ公式ページ

 

ポテパンキャンプは、2000社以上のIT企業と取引実績がある転職エージェント”ポテパンキャリア”も同時に運営しており、就職支援を前提としたスクールとなっています。

要は、転職エージェントがスクールを運営しているという形態になっているので、他のスクールにはない「転職ニーズに合わせたカリキュラム」と「独自に企業とのコネ」を持っているということです。

事実、受講生の90%近くが未経験で、98%がWeb系エンジニアとして転職を成功しています。

ポテパン一番の特徴は、他社のスクールと比較しても料金がかなり安いです。しかも、ポテパン経由で就職すると受講料全額返ってきます。

転職成功率が98%と非常に高いので、実質受講料は無料ということになります。

安いからといってカリキュラムに手を抜いているわけでもなく、「ゼロからrailsアプリケーションの作成」、「現役エンジニアとのチーム開発によるECサイトの構築」と実践的な開発を行うような内容となっています。

また、役エンジニアが講師を務めています。HPに行くと実際に聞いたことのある有名企業のエンジニアがコードレビューをしてくれるので、現場に一番近いレベル感で受講できるのは、間違いなくポテパンが一番です。

ただし、完全オンライン受講で、事前にプログラミングの知識をある程度は理解できているという前提のスクールなので、モチベーション維持し続ける、自走力のある人が求められます。

仕事を続けながら、受講している人も半数はいるみたいなので、モチベーションを維持できるかは、結局自分次第なんですけどね。

向いている人
  • お金をかけずにエンジニア転職したい方
  • 勉強のリズムを自分で作り出せる自走力のある方
  • 現役エンジニアとチーム開発したい方

DIVE INTO CODE

DIVE INTO CODEは、東京の渋谷に拠点を置く株式会社DIVE INTO CODEが運営するプログラミングスクール。本気の方であれば決して機会提供を惜しまい、本気で向きあう就職サポートがキャッチフレーズ。 休日は社長自ら、就職のための面談サポートやコードレビューを行なっています。
期間フルタイム:6ヶ月
パートタイム;10ヶ月(720時間)
年齢不問
受講形式オフライン(パートタイムのみオンライン可)
対応地域東京(渋谷)
受講内容HTML,CSS,Ruby,SQL,Git,チーム開発 他
選考フルタイム受講のみ事前テストあり
転職支援あり
費用578,910
スクールの特徴
  • 事前テストありのハイレベルなプログラミングスクール
  • 総学習時間は720時間。他社を圧倒するコンテンツ量

詳細ページ公式ページ

 

DIVE INTO CODEの学習スタイルは、”6ヶ月間“というスクールとしては長めの期間をプログラミング学習に充てることで、ゆとりをもって学べるコースとなっています。

6ヶ月のコースは2週に1度オンラインでの授業がありますが、基本自分のペースでカリキュラムを進めれるので、会社員でも無理なくプログラミング学習をできるのが特徴です。

とはいえ、カリキュラムの総学習時間は720時間に及ぶので、他社を圧倒する圧倒的なコンテンツ量なの学習する側としては魅力的です。料金もコンテンツ量を考えればコスパが一番いいスクールだと読み取れます。

就職支援に関して他のスクールと異なるのは、人材紹介料を企業から受けとっていない点です。無理に企業の斡旋を受講生に強いることなく、受講生に寄り添った立場で就職支援をしてくれるのは、非常に心強いです。

しかも、DIVE INTO CODE内で開催される就職説明会では、複数の優良企業が毎回参加されるので、そこで出会った企業に在学中に内定をもらったという受講生も多く存在します。普通のスクールではそんなことはありえないですから、それだけ企業側はDIVE INTO CODEのカリキュラムに信頼を置いている証と言えます。

また、DIVE INTO CODEの卒業生は教材として使ったオンラインテキストを無期限で閲覧することができます。(基本どのスクールもテキストの閲覧は受講期限内のみ)

エンジニアはスクールを卒業してもひたすら勉強なので、過去やった内容を反復学習できるテキストの無期限閲覧は地味ながらかなり役立ちます。

このように生徒のことを常に考え、最善を尽くして運営を行っているプログラミングスクールと言えるでしょう。

向いている人
  • 半年間で確実にプログラミングの実力をつけた上で就職したい人
  • 卒業後もオンライテキストで勉強したい人
  • 30代以上で本気でエンジニア転職したい方

最終的に無料カウンセリングで相性が良さそうな所を選ぶ

僕自身がそうだったんですが、最終的に

  • 高額な資金を出してまで、プログラミングスクールに通うかどうか
  • 現職を辞めて今後ITエンジニアとして本当に食べて行くのか

について、決心が出来なくて何ヶ月も悩んでいる時期がありました。

しかし、ネット上の口コミ・評判だけでは結論は出てこなかったので、そういったことも含めて、まずはプログラミングスクールの無料相談をすることで、僕は上記の悩みのほとんどを解決することが出来ました。

よくスクール体験者が口を揃えて言っていますが、無料カウンセリングはどこのプログラミングスクールもキャリア相談するみたいなものです。

いきなりプログラミングスクールに通うかどうかを決心するのではなく、まずは無料カウンセリングを受けて、自分が納得するまでとことん相談するのがオススメです。

一方で無料カウンセリングと言ってもスクール側は商売なので、自分のスクールに通うメリットを前面に売り出してきがちです。なので、必ず複数カウンセリングを受けて『自分はどこのスクールなら向いてそうなのか?』をしっかりと見極めれるようにするのがいいでしょう。

スクールによっては返金制度を設けているところがあります。(例えばテックキャンプだと、通い始めて2週間以内だったら、全額返金制度を設けています。)

このように、実際通い始めて、「違うな・・」と感じた場合は即座にやめることをおすすめします。スクールの料金は高いですから、お金が戻ってくるに越したことはないですからね。

スクールに通う前にはリスクヘッジの意味でも、どういった返金制度を設けていて、適用条件は何なのかはしっかりと確認するようにしましょう。

 

要約まとめ
  • プログラミングスクールのカウンセリングはキャリア相談、
  • 複数カウンセリングを受けてしっかり自分に合うスクールを見極るのがベスト
  • スクールの返金制度は必ず利用しましょう

どのスクールでも、スタッフの方がどんな質問でも真摯に答えてくれるので、自分のエンジニアとしての将来像がより明確化できると思いますし、相談することで何かしらの道が生まれることは間違い無いです。

ハルオ
ハルオ

カウンセリング自体は無料ですので、人生相談を少しするくらいの気持ちでどんどんカウンセリングを受けてみるのがオススメです。

未経験エンジニア転職は年齢を重ねるほど難易度が上がる

エンジニアに限らずに、30代未経験でキャリアチェンジするのはどの業界・職種でも難しいと言われています。

というのも20代であればこれから戦力になる人材を育てよう!となりますが、30代では即戦力になる人材を求めているケースが多いからです。

ですので、未経験からの転職を目指すならば、間違いなく20代、それも早ければ早いほど良いです

特にITの現場は20代の方が多く、30代を超えると現場に入りにくくなる背景があるため、スクール側も30代の転職支援が難しくなってしまう背景があります。

とはいえ、IT需要の増大に伴って、30代でも受け入れてくれるケースというのも、少ないながら存在するのも事実です。

スクールでも30代~の募集は受け付けているので、転職に迷ったときはとにかく情報収集から始めてみて下さい。

そして、転職支援が充実しているスクールに相談してみて、疑問に感じたことはご自身で納得がいくまで質問することをおすすめします。

ハルオ
ハルオ

僕の周りにも30代から未経験でエンジニア転職に成功したスクール出身者は少なからずいました。ですので、30代以上の方も諦めずにエンジニア転職を目指して欲しいと思います。

🔽おすすめのスクールはこちら🔽
  1. TECHCAMPエンジニア転職【10週間で一番スキルが身につく】
  2. DMM WEBCAMP【就職サポートが手厚い】
  3. CodeCampGATE【PHPを採用、オンラインで全国から受講可】
  4. ポテパンキャンプ 【転職キャッシュバック付でコスパ最高】
  5. DIVE INTO CODE 【少数精鋭の質の高いサポート】



エンジニアとして働きたい方や、フリーランスエンジニアが気になる方はまずTECHCAMPエンジニア転職(旧TECH::EXPERT)の無料カウンセリングを受けることをお勧めします!

カウンセリングではwebエンジニアについてわからないこと、未経験で転職できるのか?、フリーランスのメリットやデメリットなど疑問に思っていることについて、どんな質問でも真摯に答えてくれるので、自分のエンジニアとしての将来のビジョンがより明確化できると思います。

カウンセリングは無料で実施しているので、とりあえず人生相談をするつもりで気軽に行って見ることをお勧めします。

TECHCAMPエンジニア転職(旧TECH::EXPERT)の無料カウンセリングはこちら⇩

TECHCAMPエンジニア転職(旧TECH::EXPERT)に無料相談する。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です