未経験SE転職

【未経験SE転職】TECH::EXPERT(テックエキスパート)無料カウンセリングに行ってきてわかったこと(大阪)

どうも、こんにちは。ハルオ(@haruovlog)です。

未経験からITエンジニアになるためにはプログラミングスクールに通うことが一番の近道です。

なぜなら、独学では学べない実践的な開発環境、現役エンジニアからの直接指導など現場のプログラミングスキルを最短で身につけられ、かつエンジニアの就職支援も付いているからです

しかし、オンライン・オフライン/無料・有料を問わず数多くプログラミングスクールがあるためどれを選べばいいのか迷いますよね?

僕自身、大阪に住んでいるのですが、オンライン・オフライン問わず色々なスクールの口コミ・評判を見てきてたのですが、ネットの評判だけで判断するのは正直難しいです。

そこで今回は実際のプログラミングスクールの実態を知るべく、未経験ITエンジニア転職で高い評判を得ているプログラミングスクールTECH::EXPERT(なんば校)の無料カウンセリングに行ってきました。

最短10週間でエンジニアスキルを身につけられ、過去200名以上が未経験からITエンジニアへの転職実績があるTECH::EXPERTの気になる実態について、

未経験からITエンジニアに転職できるのか?」「20代後半だがフリーランスエンジニアになれるのか?」等、実際相談した内容についてSE完全未経験者の目線から書いていきます。

TECH::EXPERTの無料カウンセリングはこちら⇩

TECH::EXPERTに無料相談する。

TECH::EXPERTとは?

TECH::EXPERTとは元々『未経験から即戦力のスキルを身に付け、エンジニア転職を目指すプログラミングスクール』として株式会社divが開設しました。

今ではエンジニア転職を目指す方以外にも、新卒からエンジニアになりたい方、オリジナルサービスを開発したい方、フリーランスエンジニアになりたい方向けのコースもあり、転職目的以外の人でも、TECH::EXPERTを受講できるようになっています。

まとめるとTECH::EXPERTは転職に限らず、本気でエンジニアになりたい人のための本格的なプログラミングスクールです。

TECH::EXPERTの特徴としては以下が挙げられます。

料金598,000
場所東京・大阪・名古屋・福岡
オンラインオンライン学習可
期間最短10週間〜6ヶ月間 (社会人向けに夜間休日コースあり)
コース転職コース/フリーランスコース/
返金保証14日間全額返金保証あり/転職できなければ全額返金

TECH::EXPERTはこんな方におすすめ

  • 短期間でエンジニア転職したい方
  • フリーランスエンジニアになりたい方
  • Webサービスをつくって起業したい方
  • 未経験だけどエンジニアとして就活したい大学生
  • 地方在住でオンラインスクールをお探しの方
  • 夜間・休日にしか時間が取れない社会人の方

個人的な意見として、料金は安くないですが、即戦力として働けるように厳選された600時間のプログラム、質問に随時対応してくれるメンターの存在、実際の開発現場を想定したチーム開発と、数あるスクールの中では筆頭候補と言えます。

スクールは社会人の方向けに夜間(~22:00)まで教室が空いているため、働きながら受講できるのもポイントです。

TECH::EXPERTを見てみる。

実際に無料カウンセリングに行ってきた。

僕が無料カウンセリングに行ってきたのはTECH::EXPERTなんば校です。

カウンセリングをしてくれた方は、20代後半の男性でTECH::EXPERTの卒業生とのこと、自分の体験を交えて真摯に相談に乗ってくれました。

以下に僕が相談した内容をまとめましたので、参考になれば幸いです。

  • カリキュラムについて
  • 転職コースについて
  • フリーランスコースについて
  • 勤務地による求人数の違い

カリキュラム内容

エンジニアとして必要な技術をテックエキスパート独自のカリキュラムに凝縮し、600時間で即戦力エンジニアになれるようにプログラムが組まれています。

カリキュラムの大雑把な流れですが、以下のようになっています。

①プログラミング学習

・プログラミング基礎
html・CSS基礎、Ruby基礎

②アプリ開発応用

・javaScript、jQuery
AWSによるサーバー構築など

 

③最終課題・転職活動

ポートフォリオ作成

上記内容を600時間、最短10週間~最長6ヶ月の間で学んでいきます。

もちろん受講期間中は専属キャリアアドバイザーの方がキャリア形成から転職の成功まで徹底的に支援してくれます。

TECH::EXPERTの特徴として、基本構造が理解しやすい言語である”Ruby”をメインにカリキュラムが組まれています。

これは現在Webデザインができるエンジニアより、内部のプログラムを書けるエンジニアが特に不足しているので需要があるからです。

転職コースについて

転職コースを受講するためには面談・選考があります。面談で見られるポイントは志望動機、年齢などのやる気と将来性が考慮されるようです。面談は結構な確率で落ちるとのことでした。

僕も28歳未経験、大阪で転職活動を行いたい旨を伝えましたが、選考に通ることはかなり厳しいのでフリーランスコースを勧められました。

転職コースの場合はTECH::EXPERTの方から転職支援のフルバックアップがあり、万が一転職先が決まらなければ受講料は全額返済、受講が決まっても入社3年まではキャリアサポートを実施してくれます。

転職実績は一部上場企業や急成長中のベンチャー企業があるため安心して転職活動に臨むことができます。

ただし、転職コースで求人紹介はあるが、あくまで補助的なもので、より良い環境で収益を上げるには、転職エージェントの活用といった、外部の求人サイトを利用することが大切ということでした。

フリーランスコースについて

転職コースとは違い、フリーランスコースには選考がないため、どなたでも受講することが可能です。

フリーランスコースとなっていますが、転職コースの選考に落選した方でこちらのコースに通われている方も多いようで、フリーランスコースに通いながら自分で転職活動をしています。

未経験でフリーランスとして働くために大切なことは、クラウドソーシングなどの利用は2次請け、3次請けで中抜きされ、個人の単価は下がるため、自分で仕事を取りにいくことが重要になってきます。

具体的には『勉強会に参加し自分を売り込む』、『SNS等での発信活動をする』と言ったフリーランスエンジニア同士の人脈を充実させる主体的な活動が必要とのことでした。

また会社員として働きながら副業で活動している方も一定数いるとのことでした。

こういった独学で学ぶことが難しいフリーランス活動のノウハウを習得できるのもテックエキスパートの大きな魅力です。

勤務地による求人数の違いについて(大阪と東京の比較)

東京と大阪では求人数が10倍近く違い、大阪で未経験SE転職の場合はほとんどSES(客先常駐)勤務しかない。

転職コースも大阪では需要が少ないからか、採用される可能性は低いとのことで、大阪に拘る理由が無ければ、東京で活動した方が有利。とのことでした。

 

以上、カウンセリングの時間は合計で1時間ほどで、最後にラインIDを交換しました。

カウンセリング後に質問がある、もしくは受講の意思がある場合はラインで連絡をします。

まとめ

TECH::EXPERTは未経験からエンジニアになるための学習環境・転職サポートの全てが整っていると感じました。

特に大阪では数少ない転職サポート付きのスクールなので、ガチでエンジニアに転職したい方、未経験でフリーランスになりたい方はTECH::EXPERTをおすすめします!

ただし、転職コースの利用は選考があるため20代後半の方が選考に通ることはかなり厳しいようでした。

僕のように転職コースの選考が厳しい方は『フリーランスコースを受講し、自分で転職エージェントに登録する』という流れで転職活動するのいいでしょう。

とはいえ、プログラミングスクールの受講料は高く、中々決めきれないと思います。

僕のおすすめはひとまず無料カウンセリングに行って納得できるまで疑問をぶつけてみることです。

スタッフの方がどんな質問でも真摯に答えてくれるので、自分のエンジニアとしての将来像をより明確にできると思います。

TECH::EXPERTの無料カウンセリングはこちら⇩

TECH::EXPERTに無料相談する。



エンジニアとして働きたい方や、フリーランスエンジニアが気になる方はまずTECH::EXPERTの無料カウンセリングを受けることをお勧めします!

カウンセリングではwebエンジニアについてわからないこと、未経験で転職できるのか?、フリーランスのメリットやデメリットなど疑問に思っていることについて、どんな質問でも真摯に答えてくれるので、自分のエンジニアとしての将来のビジョンがより明確化できると思います。

カウンセリングは無料で実施しているので、とりあえず人生相談をするつもりで気軽に行って見ることをお勧めします。

TECH::EXPERTの無料カウンセリングはこちら⇩

TECH::EXPERTに無料相談する。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください