未経験SE転職

【実体験・評判 】テックエキスパート夜間コースに通った感想を暴露(未経験SE転職・大阪)

どうも、こんにちは。ハルオ(@haruovlog)です。

『未経験からエンジニア転職することを目標にプログラミングを学習できるスクール』TECH::EXPERT(テックエキスパート)難波校の夜間コースを受講し、プログラミング未経験ながら内定を3社いただくことができました。(うち2社は自社内開発、1社は受託開発の企業)

完全未経験でSEに転職となったら、ブラック企業の代名詞であるSES(客先受注)の会社しか転職できなかったことを考えると、TECH::EXPERTに通って本当によかったと思っています。

なぜならTECH::EXPERTは未経験からでも即戦力でエンジニアとして働けるようにカリキュラムが組まれているので、全くの未経験者が一からエンジニアとして転職活動するよりも有利に転職活動を進めることができるからです。

事実、僕自身プログラミング未経験でTECH::EXPERTでみっちり半年間勉強し、転職サポートもあったことで3社も内定を得ることができました。

今回は僕が通っていた未経験でエンジニア転職をサポートしてくれるプログラミングスクール「TECH::EXPERT」について、自分が実際に通ってみたリアルな体験談を軸にしながら特徴・評判・口コミを徹底的に解説します!

また、転職活動をしながら大阪でフリーランスの活動も同時にやっていたので、イベントや勉強会に参加した経験も合わせてお話しして行きたいなと思います。

僕と同じように社会人で働きながら通おうか検討している方や、これから通おうか迷われてる方の参考になれば幸いです!

TECH::EXPERT(テックエキスパート)の夜間コースは、平日は夜間に1,2時間、土日は朝から夜まで8時間、計6ヶ月の期間でプログラミングを学習するコースです。働きながらでも通える社会人向けとなっています。

🔽おすすめのスクールはこちら🔽
  1. TECH::EXPERT【10週間で一番スキルが身につく】
  2. DMM WEBCAMP【就職サポートが手厚い】
  3. CodeCampGATE【PHPを採用、オンラインで全国から受講可】
  4. ポテパンキャンプ 【転職キャッシュバック付でコスパ最高】
  5. DIVE INTO CODE 【少数精鋭の質の高いサポート】

TECH::EXPERTとは?

TECH::EXPERTとは東京、大阪、名古屋、福岡の教室で受講できる未経験から短期間でwebエンジニアへ就職できる学習プログラムのことです。

エンジニア育成プログラムとしてはNO.1の評価を受けており、質の高いプログラミング学習だけではなく、エンジニアのキャリア形成や転職の成功までを徹底的にサポートしてくれます。

また転職できなかった、もしくはフリーランスとして案件をできなかった場合は全額返金制度があります。

最近ではTECH::EXPERTを運営している株式会社div.の代表マコなり社長がホリエモンとプログラミング学習をテーマに対談して話題になりました。

 

TECH::EXPERTの特徴

TECH::EXPERTの主な特徴は下記の通りです。

料金短期集中コース→598,000 夜間・休日コース→798,000円(税抜)
場所東京・大阪・名古屋・福岡
オンラインオンライン学習可
期間10週間 or 6ヶ月間 (社会人向けに夜間休日コースあり)
コース転職コース/フリーランスコース
返金保証14日間全額返金保証あり/転職できなければ全額返金
主な特徴
  • 未経験からの就職に適したカリキュラム
  • キャリアアドバイザー付きの就職サポートがある
  • 未経験からフリーランスになるための初案件獲得サポートがある
  • ライフスタイルに合わせて学習カリキュラムを組める
  • チーム開発ができる
  • オンラインでもオフラインでも学べる

未経験からの就職に適したカリキュラム

600時間で即戦力になれるように、現役エンジニアが作成したTECH::EXPERT独自のカリキュラムが組まれているので、エンジニアとして実務に活かせるスキルを身に付けることができます。

受講のスタイルとしては、

  • TECH::EXPERT独自のカリキュラムを見ながらWEBアプリを作成
  • わからないところは、教室内ではメンターに直接質問 or オンラインでwebカメラで質問できる(11時~22時の間はいつでも)
  • 短期集中コースの場合、週6日、1日8〜10時間の学習を10週間
  • 夜間・休日コースの場合、平日2時間、土日8~10時間の学習を6ヶ月

カリキュラムは最新の環境に合わせて随時更新しているので、チーム開発のツールはもちろん、現場でよく使われているツールやアプリなどについても都度変更されています。(AWSやGitHub、VScodeなど)

過去のカリキュラムが更新されずに実務に使えない昔のverでプログラミングをすること。。なんてことはありません。

就職してからわかりましたが、未経験から就職するまでに必要な知識と実際就職した後に必要な技術が多少なりとも盛り込まれているので、現場に即したよくできたカリキュラムだと思います。

 

TECH::EXPERT全体のカリキュラムをざっくりとまとめると、

  1. Webサイトの見た目の作成(html/css)
  2. サーバーサイド言語を用いたwebアプリの作成(ruby on rails, JQuery)
  3. webサイトに自分が作成したアプリを公開(AWS)

までを体系的に学ぶことができます。

具体的に学ぶことのできるプログラミング言語は下記の通りです。

HTML /  CSS / Sass /jQuery
Ruby / Ruby on Rails /github
MySQL / AWS

Rubyを中心にwebアプリケーションをネット上に公開できるまでを学ぶ感じです。

学習言語はRubyに特化しているので、PHP,Pythonなどの他の言語は学ぶことができないません。その辺りは要注意です。

なぜRubyが選ばれるのかには理由があります。

  • 型ができているので、初心者でも簡単にwebアプリを作成できる
  • 日本人が開発した言語なので、日本語のQ&Aが豊富

ざっくり書くと、上記2点の理由でプログラミングスクールはRubyを採用しています。要は習得が容易なので学習コストがかかりにくいということです。

これは学習する側にも挫折しにくいというメリットがあります。

初学者のプログラミング学習の挫折率は8割以上といわれています。それぐらい途中で挫折する人は多いのです。

なので、他の言語が勉強したかった・・という人も、Rubyという挫折しにくい言語を習得し、そこで得た知識を応用すれば、スムーズに他の言語を学習することができます。

ですので、まずはRuby→PHP,Javaという風に勉強するのを僕はおすすめします。

キャリアアドバイザー付きの就職サポートがある

TECH::EXPERTのカリキュラムはプログラミング学習だけではなく、履歴書の書き方や、キャリアプランの考え方など転職用のカリキュラムも豊富に用意されています。

また、TECH::EXPERTは400人以上を転職させた実績がある業界最大手のプログラミングスクールなので、TECH::EXPERTならではのコネで、未経験では就職が難しい大手企業の紹介も行っており、多数の企業の求人案件を持っています。

もちろん専属のキャリアアドバイザーが履歴書の添削や、面接の指導も行ってくれるので、wantedlyなどで独自に転職活動をする場合でもキャリアサポートはかなり有効的でした。

僕も実際、TECH::EXPERTの紹介求人とは別にwantedlyや企業に直接応募して合計で内定を3社得ることができました。その場合でもしっかりとキャリアサポートはしていただけました。

未経験からフリーランスになるための初案件獲得サポートがある

フリーランスは転職コースと違い、技術以外にもまずは未経験から初案件を獲得する

ということが非常に難しいです。ですので、未経験からフリーランスを目指すコースは他のスクールで展開しているところは非常に少ないです。

しかし、TECH::EXPERTでは、即戦力エンジニアを養成するカリキュラムでフリーランスとして働くための確かな技術力を身に着けられ、かつ初案件を獲得するためのサポートが充実しているので、未経験からフリーランスを目指すことができます。

具体的にはフリーランスになるための専用カリキュラムがあり、

  • セルフマネジメントの方法
  • セルフブランディングの方法
  • フリーランスのコネクションの作り方

などの解説がまとめられています。

またコミュニティ支援といってslackでTECH::EXPERTのフリーランサー専用グループがあります。

そのグループ内で卒業生やメンターの方とコミュニケーションを取ることでフリーランスエンジニアとのコネクションができるので、全くのエンジニア未経験の方も初案件を獲得するハードルがかなり下がります。

未経験でフリーランスになりたい方や、副業でプログラミングをやりたいけど、どうしたらいいかわからないという方には一番おすすめできるプログラミングスクールです。

ライフスタイルに合わせて学習カリキュラムを組める

仕事中の方」、「仕事を辞めた方」など多様なライフスタイルに合わせて、テックエキスパートは2パターンの通学スタイルを用意しています。(カリキュラムは同じ)

  • 夜間・休日コース
  • 短期集中コース

個人的には1日10時間の学習を10週間やる短期集中コースがおすすめです。

夜間・休日コースは平日夜間と土日に学習を半年間学習するコースで、仕事をやりながらできるのが特徴ですが、テックエキスパートのカリキュラムはハードです。仕事をしながら半年間やるのは難しいと感じました。

僕は仕事を辞めるリスクが怖くて夜間・休日コースで通っていましたが、まぁしんどかったです笑。

平日は仕事が終わってプログミングの勉強、土日は休みを返上して勉強と、これを半年間やり続けるのはかなりハードでした。

実際、途中で来なくなったり、短期集中コースに変更される方も多かったです。
ですので、よほどの理由がない限りは短期集中コースで十週間という短期間をサクッと走りきる方が良いですね。

チーム開発ができる

カリキュラム終了後の最終課題として、実際の現場を想定しメルカリのようなWEBサービスのクローンサイトを3~7名のチームで開発を行います。

チーム内でのコミュニケーションはslackやgithubなど実際のweb系企業が使用しているモダンなツールを使用して行われるので、エンジニアとして働いているイメージに近い感じで開発を行います。

実際僕もチーム開発はチーム内でコミュニケーションを取りつつ、自分で新しく機能を実装しなくてはいけなかったので、かなりしんどかったですが、やり終えた後はエンジニアとして一番成長を実感できたと言えるのがこのチーム開発でした。

面接の時もチーム開発を経験していると企業の受けはかなり良かったです。

独学ではできないチーム開発ならではの経験を積むことができるので、かなり有利に転職活動を進めることができました。何よりチームで分担することでかなり高いレベルで多機能を実装するので企業はかなり興味深く評価してくれました。

プログラミングスクールを探す上で、このチーム開発を行うかどうかは一つのポイントだと思います

オンラインでもオフラインでも学べる

教室学習だけではなく、忙しい日、急な予定の変更に合わせてオンライン学習をすることができ、柔軟な学習方法を選ベるのもTECH::EXPERTの特徴の一つです。

オンラインでカリキュラムを進めることももちろん可能で、オンライン上でも講師に質問し放題です。教室に行った方がプログラミングをしやすい基本的に教室で学習することをおすすめしますが、忙しくて教室に通えない時も自宅や、外出先で学べることができます。

実際TECH::EXPERTに通った体験談

実際に僕がTECH::EXPERTに通ってみた体験談については下記の記事でまとめました。生の環境やその時感じたことをダイレクトに書いているので、これかから通おうか検討している人は参考にしてみてください。

【未経験SE転職】テックエキスパート夜間コースに二週間通った感想(良かった所・悪かった所)どうも、こんにちは。ハルオ(@haruovlog)です。 『未経験からエンジニア転職を目指すプログラミングスクール』TECH::E...
【プログラミングスクール体験記】テックエキスパート夜間コースに一ヵ月通った感想(未経験SE転職・大阪)どうも、こんにちは。ハルオ(@haruovlog)です 『未経験からエンジニア転職することを目標にプログラミングを学習できるスクー...
【プログラミングスクール体験記】テックエキスパート夜間コースに二ヶ月通ってみた(未経験SE転職・大阪)どうも、こんにちは。ハルオ(@haruovlog)です 『未経験からエンジニア転職することを目標にプログラミングを学習できるスクー...
【プログラミングスクール体験記】テックエキスパート夜間コースに3ヶ月通ってみた(未経験SE転職・大阪)どうも、こんにちは。ハルオ(@haruovlog)です 『未経験からエンジニア転職することを目標にプログラミングを学習できるスクー...
【プログラミングスクール体験記】テックエキスパート夜間コースに6ヶ月通ってみた(未経験SE転職・大阪)どうも、こんにちは。ハルオ(@haruovlog)です 『未経験からエンジニア転職することを目標にプログラミングを学習できるスクー...

TECH::EXPERTの無料カウンセリングはこちら⇩

TECH::EXPERTに無料相談する。

TECH::EXPERTの良かったところ

次にテックエキスパートに実際通い終えて、良かったところ悪かったところをまとめてみました。

カリキュラムの質がいい

実際に受講してみて、カリキュラムの質はかなり高いと実感しました。

特にプログラミング未経験が挫折せずにWEBサービスを作ろうというところに主眼を置いていることがカリキュラムをやり終えてヒシヒシと感じました。

カリキュラムの順序として、

基礎→応用カリキュラム

と進んでいくのですが、

基礎カリキュラムの学習スタイルは、難しいところはあらかじめスクール側で実装済みでコードが用意されていて、必要最低限の機能を実装していくという流れでした。

基礎カリキュラムの作成物はTwitterとレビューサイトのようなアプリを作成しながら学習していくという流れで学習していきます。

物作りをしている実感がわくので、モチベーションが下がりづらく、ストレスレスでプログミングをすることができます。

応用カリキュラムも同様にLINEのようなチャットアプリを作りながら学習するスタイルで基礎カリキュラムをベースにさらに難易度の高い機能を実装していくという感じでした。

基礎カリキュラムで学んだことを活かしつつ、段階を踏んでやっていくので、ドットインストールなど独学で挫折した人も割とスムーズに学べると思います。

何より未経験でも実務レベルのエンジニアを養成するプログラムということで、未経験でも転職用にハイレベルなポートフォリオを作成することができたので、企業にアピールできるプログラミングスキルを手に入れることが出来ました!

わからないところは何度でも質問し放題

 

プログミングをやっているとエラー文に何度もぶち当たって、その都度手が止まってしまうのですが、テックエキスパートは何度でも質問することができるので、「エラーの度に手が止まってしまう」といった無駄な時間を省くことができます。

独学だと、わからなかったらひたすら調べて実装するしかないので、下手すると一つのエラーを解決するのに1日かかったりします。

一方でテックエキスパートはわからなかったらすぐにメンターに質問できるので、割とストレスがたまらずにサクサクとプログミング学習することができます。

正直初学者のうちはしょうもないエラーで何時間も時間を費やしても仕方なくて、バンバン聞いた方が効率がいいです。

質問し放題の環境はスクールに通う大きなメリットの一つなので、積極的に質問することをお勧めします。

 

ライフコーチに気軽に相談できる

テックエキスパートの特徴の一つとして、受講を始めると同期同士で7名ぐらいのグループを組み、その1グループにつき、ライフコーチが一人つきます。

このライフコーチはグループメンバーの学習進捗のフォローはもちろん、エンジニア転職のキャリアプランや学習のモチベーション維持の相談など、何でも親身になって相談に乗ってくれます。

僕も働きながら受講していたので、働きながら受講する辛さについて色々と相談に乗っていただきましたし、テックエキスパート側からしたら開示しにくい情報も教えてくれました。

意欲が高い受講者と切磋琢磨できる

みんな大金をはたいてエンジニアになるという明確な目的をもって来ているので、学習意欲は総じて高いです。

プログミングは初学者から始めた場合はコードを書きますが、それが何をやっているのかよくわからないし、挫折しがちです。

TECH::EXPERTの場合、同期と教えあったり、エンジニアのことや転職のことなど情報共有しあったりと、エンジニアになるという同じ目標をもった仲間が揃っている環境は独学でやるよりもかなり挫折しにくくモチベーション維持に繋がります。

あいつが来ているから今日もいこうか的な感じで笑。

何より卒業した後もエンジニア間に情報共有ができるので、横のつながりができるのは非常に大きいですね。

フリーランスの案件獲得フォローも充実

フリーランスコース限定ですが、初案件獲得フォローをしており、フリーランスの案件を獲得できなければ全額返金してくれます。

フリーランスになれるかどうかは技術以上に自分がどれだけフリーランス活動を積極的にできるか?にかかっています

実際にやった事は

【フリーランス活動内容】

・毎週compassなどで勉強会やイベントに参加、名刺を配る

・ポートフォリオサイトを作成、twitterで情報発信&DMで営業

・wantedlyでひたすら企業訪問

・1週間に1回のメンターとカウンセリング

未経験からフリーランスになるポイントは①営業、②ポートフォリオです。特に大切なのが営業をどれだけやったか?で、とにかく初案件獲得が難しいのでイベントに参加し続けて人脈を作りつつ、自分のスキルをアピールできるポートフォリオを作成することが重要です。

ちなみにほとんどのエージェントは実務経験がないと紹介してくれません。ですので、まずは

  • フリーランスの方や知人を頼って案件を紹介してもらう、
  • ポートフォリオサイトを作って、twitterのDMで営業をかける

の2パターンになると思います。

もちろん案件獲得のためにTECH::EXPERTは専用のライフコーチがサポートしてくれます。

具体的下記のようなサポートを実施してくれます。

  • 週1でメンターとカウンセリングを実施
  • フリーランス活動の今後の方針を相談ができる
  • 案件獲得後の技術的な質問もできる
  • 他の受講生のフリーランス活動を情報共有できる

1週間に1回カウンセリングを実施し、フリーランス活動専用のライフコーチからフリーランス活動の1週間の振り返りと今後の行動指針をアドバイスいただけます。

また、カウンセリングはグループミーティングのような形で、フリーランスコースの他の受講生のフリーランス活動を情報共有するので、先輩フリーランサーの方の情報を得ることができます。個人で活動するだけでは得られない有益な情報をたくさんもらうことができて大変参考になります。

実際に同期で未経験からフリーランスになっている人もいましたが、技術がすごい人よりも、コネがある人が案件を獲得できていました。

ですので上記のように、コミュ力の高い人・コネのある人は未経験でもフリーランスになることはできると思います。

基本的には一回転職して、2年ほど実務経験を積んでからフリーランスになるというパターンが一番王道でエージェントからの案件も獲得しやすくなるのでおすすめです。

TECH::EXPERTの無料カウンセリングはこちら⇩

TECH::EXPERTに無料相談する。

TECH::EXPERTの悪かったところ

メンターのレベルにばらつきがある。

受講生の需要に対して、スタッフの供給が追いついていないらしく、質問を回答するメンターのレベルはかなりばらつきがあります。

質問して、すぐにエラーの原因を理解して、解決法教えてくれるメンターと解決するのにものすごく時間のかかるメンターがいます。質問すると、ランダムでメンターが来るので人も選べませんし、困ったところです。

レベルにバラツキがあるのは仕方がないとは思いますが、
せめてカリキュラム内で想定されるエラーはマニュアル化してほしいところです。

現在は応用カリキュラムに入ると、skypeの様なWEB通信で専任のメンターに質問するので、わからないなど変な対応がされることは減っています。

卒業後しばらくするとカリキュラムが見れなくなる。

スクール卒業後、二ヶ月たつとスクール内のカリキュラムが一切見れなくなります。

上述しましたがテックエキスパートのカリキュラムは参考になるコードがたくさんあるので、受講後に見返したくなることがよくあります。

コピペはできるのでメモ帳に残せますが、カリキュラムはよく更新されるのであんまり意味がないかなーという気もします。

ですので、結局はテックエキスパートで得た知識をもとにQiitaなどで自分で調べる作業がメインになってくると思います。

どういう意図があるにせよ、高いお金を払っているのだから、カリキュラムは卒業後も見れるようにして欲しかったです。

受講料が高い

受講料は80万円するので、正直めちゃくちゃ高いと思います。エンジニアに転職を考えていない人だったら全くオススメできません。

しかし、受講しカリキュラムをやりきったらほぼまちがいなくWEB系企業に転職できることを考えたら、悪くはない投資だと思います。事実、僕の同期でも前職と比べ年収が100万上がったとかザラにいます。もちろん本人の努力と交渉次第なところはありますが。

要は現状を変えてWEBエンジニアになりたい人はテックエキスパートの受講料を払う価値は十分あるということです。

今後エンジニアはさらなる需要過多の状況が続いていくので、受講料はさらに上がることがほぼまちがいないです。ですので、プログラミングスクールに通おうか迷われている方は早めに行動することをお勧めします。

転職先の斡旋は微妙(大阪の場合)

就職先一覧をみると一部上場企業など華々しい斡旋実績がありますが、これはすべて東京の企業なんです。

大阪の場合も斡旋してくれますが、東京に比べて求人量は少なく、有名企業に転職となるとかなり厳しいです。

とはいえ、大阪でも求人はたくさんありましたし、人気の自社開発の求人もちゃんとあります。SES(客先受注)もありますが厳選して選んでいる印象でした。

入社後も6ヶ月、1年、3年間のスパンで卒業生にヒアリングしているので、労働環境が悪そうな求人はそもそも紹介しないなど考えているようです。

いずれにしても特別な理由がない限りは求人数が圧倒的に多い東京にいくことをお勧めします。ですが、大阪でも就職できないことはないけど選択肢はかなり限られてしまう、そういった感じでした。

良くも悪くも大手なので、他者と差別化しにくい

現在はプログラミングスクールに通ってから転職する未経験エンジニアの方がかなり多くなってきたため、転職活動をしていても、スクールに通っていたという求職者は割といます。TECH::EXPERTみたいな大手だとなおさらです。

ですので、”カリキュラムの内容をこなしていただけだと、他のスクール生と差別化しづらく転職活動時のアピールには少し弱いかな”と就職活動をしていて感じました。

ですので、スクールに通うのは当たり前でプラスアルファ自分でやってきたポートフォリオを充実させたりといったことがこれから必要になってくると思います。

TECH::EXPERTの無料カウンセリングはこちら⇩

TECH::EXPERTに無料相談する。

他社との比較

昨今のエンジニアの需要増によりプログラミングスクールは戦国時代と言わんばかりに数が増えてきていますが、プログラミングスクールは主に3種類に分けられます。

  • 無料スクール
  • 実質0円スクール
  • 有料スクール

それぞれの特徴は下記の通りです。TECH::EXPERTは有料スクールに属します。

TECH::EXPERTと他のスクールを比較したら下記の通りです。

他社との1番の違いは大手ならではの圧倒的な転職実績とそれに付随するキャリア支援の手厚さだと思います。

その代わり、受講価格は短期集中コースだと60万円と高額で高くつきますが、その分従業員のホスピタリティが充実しているので、受講生に対するサポートはかなり手厚いです。

未経験でエンジニア転職を成功させたいという方は間違いなくTECH::EXPERTがおすすめです。

 

TECH::EXPERTの無料カウンセリングはこちら⇩

TECH::EXPERTに無料相談する。

まとめ-TECH::EXPERTはこんな人におすすめ-

TECH::EXPERTはこんな人におすすめ

まとめると、TECH::EXPERT(テックエキスパート)は下記のような人におすすめです。

  • 過去にプログラミングで挫折した人
  • 手厚い就職サポートが欲しい人
  • 未経験から最短でフリーランスエンジニアになりたい人

手厚い就職サポート

TECH::EXPERTはWeb系の東証一部上場企業への転職実績や、気鋭のベンチャー企業への転職実績もあり、転職サポートも手厚いため、転職を目的とするならばTECH::EXPERTで間違いないと思います。

他のWeb系プログラミングスクールでは、大手企業への転職実績が少ないところも多く
ブラック企業、いわゆるSES系企業への転職を勧めるようなスクールも多いのが実情のようです。(無料プログラミングスクールは特に)

未経験SE転職に特化した優れたカリキュラム

TECH::EXPERTの1番の特徴は10週間or 6ヶ月で600時間で未経験エンジニアに必要なプログラミングスキルをコミットさせるという超濃厚なカリキュラムにあると思います。

未経験でプログラミング学習は正直かなり大変です。特に独学だと挫折しがちですが、TECH::EXPERTはライフコーチが二人三脚でサポートしてくれ、かつ転職サポートもしてくれるので、エンジニアになるためのベストな環境が整っていると感じました。

短期間でスキルを身につけたいなら間違いなくTECH::EXPERTがおすすめです。

TECH::EXPERTはおすすめできない人

逆に下記のような方はTECH::EXPERTではなく、独学でやったほうが無駄なお金を払わずに済むのではないかなと思います。

  • 過去にプログラミングの経験がありポートフォリオがある人
  • オンラインでの受講を考えている人

オンラインコースについては「プログラミングスクールに通いたいけど、地方だからオンラインでしか通えないんだよなー」というプログラミング未経験の人以外はオンラインはやめといたほうが無難です。

なぜならオンラインはチーム開発も教室に行って同期やエンジニアとの繋がりもできにくいからです。

カリキュラムの質は高いと思いますが、TECH::EXPERTの特徴の一つである「整った学習環境」を使うことができないのはかなりのデメリットです。

オンラインで受講してまで行く価値があると言われたら正直微妙です。仕事やめるなりして、都会に出て勉強することをガチでおすすめします。

無料カウンセリングは人生相談。一度行ってみることがおすすめ

 

実際TECH::EXPERTは受講料が80万円もするため、中々決めきれないと思います。

僕も本当にSEに転職できるのか?などネットの情報だけでは疑問点はつきませんでした。

ですので、まずはテックエキスパートに無料カウンセリングに行くのがおすすめです。

無料カウンセリングで勧誘されるということは一切なく、人生相談みたいな感覚で、エンジニアになるかどうか悩んでいることを全て相談できますし、自分のキャリアプランを立てる手助けをしてくれます。

また、エンジニア業界は今人材不足ではありますが、エンジニアになりたい人もものすごく多くなってきているのが現状です。

その証拠にどこのプログラミングスクールもこの一年で受講料が上がっています。

事実、僕が受講した時は50万円でしたが(18年12月時点)、現在は80万円と受講料はかなり上がってきています。(19/10月時点)

それぐらい、需要があるということです。(それでも教室とメンターが不足しているぐらいです。)

今後もエンジニアになりたい人が増えていくのはまちがいないですし、早く決断して行動するほど無駄なお金を払わなくてすみそうです。

まずは、未経験でSE転職やフリーランスのこと、実際web業界がどうなのかなどなどを無料カウンセリングで質問してみましょう。

無料カウンセリングを受けてみて当日に選考を申し込むと2万円の割引があります!

選考は本当にwebエンジニアになりたいかどうかの本気度を確かめるためのテストでもあるので、受講料はまだ発生しません

なにより二週間以内でしたら返金制度もあるため、実際受けてみて違うなと思ったらやめることもできます。

気になる方は下のTECH::EXPERTサイトからご確認下さい!

以上、プログラミングスクール選びの参考になれば幸いです。

TECH::EXPERTの無料カウンセリングはこちら⇩

TECH::EXPERTに無料相談する。



エンジニアとして働きたい方や、フリーランスエンジニアが気になる方はまずTECH::EXPERTの無料カウンセリングを受けることをお勧めします!

カウンセリングではwebエンジニアについてわからないこと、未経験で転職できるのか?、フリーランスのメリットやデメリットなど疑問に思っていることについて、どんな質問でも真摯に答えてくれるので、自分のエンジニアとしての将来のビジョンがより明確化できると思います。

カウンセリングは無料で実施しているので、とりあえず人生相談をするつもりで気軽に行って見ることをお勧めします。

TECH::EXPERTの無料カウンセリングはこちら⇩

TECH::EXPERTに無料相談する。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください