バイク用品レビュー

【インプレ】OGK KABUTO エアロブレード5 レビューしてみた【コスパが高い軽量ヘルメット】)

どうも、こんにちは。ハルオ(@haruovlog)です。

今回は私が普段使用しているフルフェイスヘルメット『エアロブレード5』をレビューしていきます。

エアロブレード5』はArai、SHOEIに次ぐ国内3番手メーカーのOGK KABUTOが軽量・コンパクトをコンセプトに販売しているフルフェイスヘルメットです。

2012年発売の同社の『エアロブレード3』は一般的なヘルメットが1400g~1600gの重量の中、1300gと圧倒的な軽さがセールスポイントとなっていました。

そして『エアロブレード3』の後継モデルとなる『エアロブレード5』は先代より更に快適性が向上したコスパがいい軽量ヘルメットという評判・口コミが多数あります。

今回はこの『エアロブレード5』を実際使ってみてどうだったのか?

良かった点、悪かった点と合わせてレビューしていきます。ヘルメット選びで悩んでいる方の参考になれば幸いです。

⬇︎「エアロブレード5」と「エアロブレード3」新旧比較してみた記事はこちら⬇︎

【インプレ】OGK kabuto エアロブレード3と5を比較してみた。(新旧比較)どうも、こんにちは。ハルオ(@haruovlog)です。 OGKが販売している軽量フルフェイスヘルメット『エアロブレード5』 ...

 

基本情報

 

  • OGK KABUTOが現在(2018/10時点)発売しているフルフェイスヘルメットで最軽量でありながら、帽体はコンパクトに設計。
  • 先進の帽体成型技術と安全設計によりJIS規格を余裕でクリア
  • 新設計のシールドシステムにより高い静粛性と密閉性を実現
  • Kabuto独自の特許システムであるウェイクスタビライザーによる空力特性の向上
  • エアベンチレーションはチン・ヘッド・リア(顎部・頭部・頭部後方)の3か所に配置、効率よくヘルメット内の熱気を放出。
  • あご紐はつけ外ししやすいマイクロラチェットを採用
  • メガネ用スリットも標準装備。また、内装はすべて脱着できるため洗濯も可能
  • ブレスガードとウィンドシャッターが付属
  • 別売りのピンロックシートを装着することで曇り止め対策も可能
  • 発売日:2017年6月発売
  • 希望小売価格 32,000円(+消費税)

サイズ

シェルサイズは4つに細分化。XS/S、M、L、XL/XXLに分けられ計6サイズ。これにより被り心地や重量が各サイズに最適化されている。

さらなる詳細はOGK KABUTOエアロブレード5のHPへ⇩

公式HPへ

インプレ・レビュー

今回私が購入したのはグラフィックモデル、
スマート フラットブラックホワイトのMサイズ。楽天市場で29,500円(税込)で購入。

こちらをレビュー・インプレします。使用期間は2018年9月~2019年10月の約1ね使用

内容物

内容物は以下の通りです。

右上から時計周りに

  • 取り扱い説明書
  • 収納袋
  • ウインドシャッター
  • ヘルメット本体(ブレスガード装着済み)

となっています。

曇り止めのピンロックシートが付属品でないのが残念な所です。

ピンロックシートはネットより値段が安かったので、梅田にある南海部品で3240円(税込)で購入しました。エアロブレード5のシールド(DAF-1)に適応しているピンロックシートを買うように注意しましょう。

外観・重量



後ろ

サイズは地面に置いた状態で約25×25×36(cm)(高さ×横幅×奥行き)です。

次にOGK Kabutoのジェットヘルメット『EXCEED』と比較してみます。

▼外観比較

大きさはジェットヘルメット『EXCEED』とほとんど同じくらいです。

特段小さい帽体というわけでもなく、被った感じ通常のフルフェイスと変わらない大きさでした。マッチ棒になるといった印象はありませんでした。

特筆すべきはやはり重さです。『エアロブレード5』の重さは実測で1,433gです。

『EXCEED』は1,570gですので、まさかのジェットヘルメットよりも軽いという結果になりました。エアロブレード5』が如何に軽いかということがよくわかります。

内装・顎ひも

内装は基本的な部分は全て取り外し可能です。

内装生地は肌触りがよく、チーク周りのホールド感は若干きつめですが、適度な感じで被っていて安心感があります。

また生地のクールマックスは発汗性がありますので、夏場で内装がベタベタするということもなかったです。

顎ひもはDリングではなく、脱着性を重視したマイクロラチェット方式となっております。これがなかなか便利でグローブをしている状態でも着脱することができます。特に外す時は片手で外せるのでかなり重宝します。

不満点をあげるとすれば、マイクロラチェットはプラスチックできているので、強度は金属製に比べて劣りますが、正直プラでも安全面では問題なさそうです。

▼顎紐はマイクロラチェット方式を採用

赤い部分を引っ張るだけで簡単に外せます。最初は脱着方法に戸惑いますが、慣れたら一瞬で脱着することができるので非常に便利です。

風切り音

走行時の風切音はシールドを閉めた状態ですとほとんど気になりません。シールドを開けた状態ですとヒュンヒュンと風切音がしますが、閉めたとたんに音がなくなります。

これは後述するエアロブレード5で改良されたシールドの密閉性が高められた影響があるかと思います、

あまり期待していなかったのですが、エアロブレード5の静粛性の高さには驚きました。

シールド

 

シールドは密閉性を高めるためセンターロック式が採用されています。
個人的には真ん中より左か右に開閉レバーがある方が操作しやすいと感じました

シールドの開閉は思っている以上に硬く、開閉時はガッガッガッと開ける感じで、密閉感があり非常に頑丈そうで、スキマ風が入りにくい構造となっています。

ベンチレーション

ベンチレーションの箇所は以下画像の通り、3か所にあります。

▼シールド下に開閉式のベンチレーションが一つ

 

▼頭頂部に開閉式のベンチレーションが一つ

 

▼後頭部に固定式のベンチレーションが一つ

各部のベンチレーションは全開にしても、特段空気の流れを感じることはないように思いました。

ただし、私はベンチレーションの効果を実感したことがあまりないので、ここは評価しがたいところです。気持ち風が通っている感じはしますので、悪くも良くも無いかなと行った印象です。

空力性能

70km/h以上で走行しても頭がぐらつくということもなく、走行風がいい具合にヘルメットを避けてくれている気がします。

Kabuto特許技術のウェイクスタビライザーの効果なのか、正面からの走行風が頭部に負担をかけている感覚はほとんどありませんでした。軽さも相まって非常に快適でした。

まとめ

結論としては非常におすすめできるヘルメットです。

値段が安いので品質もそれなりかな?と思っていましたが、

走行風の影響を受けづらい様に工夫して設計されており、軽さと相まって非常に快適なヘルメットに仕上がっています。

現在、ツーリング、普段使い共に使っていますが、コスパを省みたら、高品質の軽量ヘルメットの一つと言えます。

軽量ヘルメットをお探しで、「どうしてもArai、SHOEIのヘルメットが欲しいという!」という方でなければ、値段の安い『エアロブレード5』を僕は断然おすすめします!

総評

軽さ:          
大きさ:         
静粛性:         
被り心地:        
機能性:         
風切音:         
ベンチレーション:    
空力性能:        
コスパ:         
総合評価:        

バイクの乗り換えを考える時、今乗っているバイクがいくらの下取り価格になるのかすごく気になりますよね。

バイク比較.COMなら約1分で愛車の最高額や平均買取価格が分かっちゃうのですごく便利です。

査定自体も無料でできるので、とりあえず自分のバイクはどれくらいの価値があるんだろう?って人も気軽にやってみることをお勧めします!

愛車の相場を見てみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください