インプレッション

【最新情報】ZX-25r発表まとめ(250cc・4気筒フルカウル・スペック・馬力)

どうも、こんにちは。ハルオ(@haruovlog)です。

ついにカワサキの4気筒フルカウル250ccモデルの『ZX-25R』が正式に公開されました。

250マルチは排ガス規制の強化にともない2007年にバリオス2の生産終了とともに日本国内市場からは消滅したため、カワサキが250マルチを発表されるということを楽しみにしていた人も多いのでは?と思います。

まさかもうでないだろうと踏んでいた250ccマルチが出るということで期待せずには入られません。

ということで、今回はカワサキの新型4気筒250ccフルカウルマシン『ZX-25R』の気になるスペック・値段を紹介します。最新情報は随時更新していきます!

 

【最新情報】2019/10/23
東京モーターショーのプレスデーにて参考出展でNinja ZX-25Rが正式公開されました。

ZX-25Rの基本情報

エンジン種類水冷4ストローク並列4気筒/DOHC4バルブ
総排気量249cc
最高出力推定43馬力
全長×全長×全高不明
シート高不明
車両重量推定180~190kg前後
燃料タンク容量不明
フレームトレリス、ハイデンスチール
フロントサスペンションSFF-BP
リヤサスペンションホリゾンタルパックリンク
フロントブレーキシングルディスクラジアルマウントモノブロックキャリパー
電子制御KTR(カワサキトラクションコントロール)
KQS(カワサキクイックシフター)、パワーモード

【KTRとは?】
ライディング環境(スポーツ走行や、滑りやすい路面)に応じてモードチェンジすることで状況に応じた車体挙動に変更できるシステム。バイクのスリップ率低下に貢献。

【KQSとは?】
KQSはクラッチ操作なしで素早いシフトチェンジが出来る機能。
シフトペダルに装着された非接触タイプのセンサーが、シフトアップ、ダウンの瞬間に点火をカットすることでクラッチ操作なしでシフト操作をすることができる。

 

【パワーモードとは?】
任意に出力特性を選択できるパワーモード機能を装備。搭載車種のZX-6Rの場合フルパワーとローパワーの2つのモードから選べ、ローパワーモードは、フルパワーモード時の約80%に出力が抑えられ、スロットルレスポンスもマイルドな設定になる。

ZX-25Rの発売日

19年の6月時点で情報が出回ったころは20年初頭に発売されるのでは?と噂が出回りましたが、東京モーターショー(19/10/24~19/11/4)の情報だと参考出展車扱いのため現時点では完全に未定となりました。

20年発売が有力ですが…

ZX-25Rの価格

2気筒SS高性能バイクのCBR-250RRが70万円代ということを考えると、ZX-25Rは同系統の4気筒なので百万越えになるのではと予想されます。

現時点での情報だと85万~95万あたりが有力で100万を越える可能性は低そうです。

個人的感想

参考出展ですが、実物が展示されたので「ZX-25R」の販売が一気に現実味をわいてきました。
年内に発売されるかと思いましたが、市販車としての発表ではないため、発売は20年以降に持ち越しとなってしまったのが残念なところ。

見た目がNINJA250とあんまり変わらない印象だったので個人的にはもっと尖った見た目にして欲しかったという気持ちもありますが、今回の発表で20年ぶりの250ccの4気筒が発売される可能性がぐっと高まったので、興奮が冷めません。さらなる続報に期待します!

まとめ

  • 参考出展扱いだが、正式にZX-25Rを発表
  • 予想価格は85~95万円
  • 予想重量は180kg~190kg
  • 予想出力は43馬力
  • 発売時期未定

バイクの乗り換えを考える時、今乗っているバイクがいくらの下取り価格になるのかすごく気になりますよね。

バイク比較.COMなら約1分で愛車の最高額や平均買取価格が分かっちゃうのですごく便利です。

査定自体も無料でできるので、とりあえず自分のバイクはどれくらいの価値があるんだろう?って人も気軽にやってみることをお勧めします!

愛車の相場を見てみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください