バイク用品

バイク用中華インカムFreedconn TCOMをレビュー【実用レベル】

どうも、こんにちは。ハルオ(@haruovlog)です。

多人数でツーリングに行く時重宝するアイテムと言ったら、運転中でも仲間と通話できる『インカム』です。

しかし、一つ買うだけでも3万以上するし、少なくとも2台必要なので、最初の一台で気軽に買える値段ではないですよね。

そこで代替案として出てくるのがAMAZONでよく売られている『中華製インカム

二つセットで1万円そこそこの値段で売られている商品が多いため気軽に買えるのが特徴です。

しかし、

中華製インカムって実際使えるの?

安物買いの銭失いになるんじゃないの?

という疑問は尽きないと思います。

そこで今回は中華製のインカム「Freedconn TCOM-SC X2」を実際に購入して使ってみた感想をまとめてみました。中華製インカムの購入を検討されている方の参考になれば幸いです。

 

ハルオ
ハルオ

実用性は十分かつ、コスパもかなり高いので、1台目で「とりあえずインカムが欲しい」という人には十分おすすめできる商品でした。

中華インカムFreedconn TCOM-SCの基本情報

同時通話人数二人※ペアリングは3台まで可
通信可能距離800m
連続通話時間8時間
ラジオ/音楽○ ※通話との同時利用不可
防水生活防水対応
実勢価格6,300円 (2台セットで12,000円)
特徴ディスプレイ搭載で操作状態が視認可能
ワンタッチで通話、音楽の切替が可能

中華インカムFreedconn TCOM-SCの内容物

今回は中華インカム『Freedconn TCOM-SC X2』のソフトタイプ2台セットをAMAZONで12,000円(税込)で購入しました。

僕はタンデムで使うことを前提で購入。一つはジェットヘルメット、もう一つはフルフェイスヘルメットに装着しました。使用期間は1年以上のレビューとなります。

セット商品の内容物は以下になります。

・リスト

  • インカム本体
  • イヤホンマイク
  • 粘着テープ
  • USBケーブル*2
  • クリップベース*2
  • 六角ボルト回し
  • 説明書
  • 保証書

中華インカムFreedconn TCOM-SCの取り付け方法

インカムを使うには配線を行う必要があります。配線は以下の通りに行いました。取り付けの際に参考にしてください。

 

▼インカム本体を取り付けるクリップベースをヘルメットに挟み込みます。

挟み込みんだクリップがずれないようにボルトで固定します。

挟み込みんだクリップがずれないようにボルトで固定します。クリップベースは挟み込む式と両面テープで貼り付ける2種類があります。

 

▼クリップベースは運転中にも操作できるように左側に取り付けました。

 

▼クリップベースにインカムを取り付けてみました。

取り付け方は上からはめ込んでスライドします。インカムは安定しているので取れるということはなさそうです。

 

▼OGKカブトのヘルメットは耳の所にスペースがあるのでここにスピーカーを仕込みます。

 

▼耳周りのパッドを取り外して、両面テープを貼り付けました。
スピーカーはマジックテープで固定されているので、取り外しが可能です。

 

▼逆側にもスピーカーを取り付けます。配線はパッドの後ろになるようにします。

 

▼フルフェイスヘルメットの場合、口もとにマイクを取り付けました。

 

マイクは上図のように配線できるソフトタイプと、ヘッドセットのようなハードタイプの2種類があります。

ソフトタイプはフルフェイス、ハードタイプはジェットヘルメットでの使用を前提としているようでした。

中華インカムFreedconn TCOM-SCの基本操作

電源ボタン、音量調整、通話⇆音楽の切換の基本操作は以下の通りです

次にペアリングの方法を解説します。ペアリング時は電源ボタンしか使いませんので、操作はいたってシンプルです。

携帯等の電子機器とペアリング

まず、インカム本体の電源をオフにした状態から電源ボタンを長押しします。

電源がついた約4秒後、ディスプレイに「pairing」と表示されたら、携帯側のBluetooth接続可能デバイスに「T-COM」が表示されるので、登録してください。

次回から自動的に接続されます。

インカム2台のペアリング

一方のインカムを電源オフにした状態から電源ボタンを長押しします。

ディスプレイに「pairing」と表示されたら、もう一方の電源がついたインカムの電源ボタンを短く押すとペアリングが開始します。

次回からは二つとも電源をつけた後、片方の電源ボタンを短く押すとペアリングされます。

中華インカムFreedconn TCOM-SCの良かった点

ペアリングが簡単

ペアリングする場合は電源ボタンを一回押すだけで機器同士がBluetooth接続されます。音楽機器との接続も電源ボタンを長押しするだけで簡単に接続できます。

2回目以降は自動的に接続されますので、手間いらずで気軽に繋げることができました。

接続方法を忘れてしまっても、電源ボタンを長押しするだけなので、なんとなくで接続できるのはかなりありがたかったです。

直観的で簡単操作ができる。

操作できる箇所は『電源ボタンおよびペアリング兼用スイッチ』と『通話⇆音楽切替スイッチ』、『音量調整などのダイヤル』の3つです。

たくさんボタンがないので、操作がかなり覚えやすいです。

特にダイヤル操作があるおかげで、音楽を聴いている時も簡単に曲を飛ばしたり、音量操作が直観的にできるので、使い勝手・実用性ともに非常に良好でした。

中華インカムFreedconn TCOM-SCの悪かった点

ノイズが入る。

個体よってあたり外れがありますが、僕の場合、2台の内一つはジーっというノイズがずっと入っています。使用には問題ないのですが、少し気になりますね。

スピーカーの音質は良くはないですが、しっかりと相手の音声は聞こえるため実用性には問題なしです。

気になるっちゃ気になりますが、値段相応という感じです。あと、断線しやすいのでスピーカー・マイク周りのケーブルは丁重に扱いましょう。

マイクとスピーカーが一体型

マイクとスピーカーが一体型のため、マイクだけ取り外すことができません。通話しない時もマイクはヘルメットについたままになります。

マイク自体邪魔にはならないので問題ないですが、少し気になりますね。

音楽と通話の同時ができない

音楽と通話が同時使用ができないため、音楽をバックに会話はできません。

音楽と通話の切替には数秒かかるため、普段音楽を聴き、喋りたい時に通話という使い方もいません。したがって通話する時は基本繋ぎっぱなしになります。

ちなみに片方が通話に切り替えたら、自動的に相手側も通話に切り替わるようになっています。

中華インカムFreedconn TCOM-SCの総評

結果的に悪かった点が多くなってしまいましたが、ツーリングをする上での必要十分な機能は備えています。

12,000円で2台セットと考えたらコスパは悪くなく、初めてインカムを使ってツーリングをしたい方には、十分おすすめできる商品になっています。

ただし、

  • 使用可能人数は3台まで
  • 3台使う場合、同時に通話できるのは2名まで

ということに注意が必要です。上記の制約が問題なければ、間違いなく買いの製品です。

 

 

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonでお得に買い物をするなら、Amazonギフト券の購入チャージがおすすめです。

現金でチャージするたびに、チャージ額 x 最大2.5%分のポイントがもらえます。

Amazonプライム会員は、特にポイント付与率が大きいので、使わないと損です。

ハルオ
ハルオ

AMAZONの購入がメインの人は絶対損しない、お得な制度です。是非活用しましょう。しかも今なら初回限定で1000円分のポイントがもらえるキャンペーンを実施中です。

\初回チャージで1000ポイントが無料贈呈/

コンビニ・ATM・ネットバンクが対象,1円単位で購入可能

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です