Uber Eats

UberEats(ウーバーイーツ) 大阪で現金支払いを開始!配達員にメリットはあるのか?

どうも、こんにちは。ハルオ(@haruovlog)です。

普段は会社員として働きながら、UberEats(ウーバーイーツ)の配達員としてスキマ時間にウーバーイーツの配達をやっています。

そんなウーバーイーツですが、最近、大阪限定で払いでの利用が可能になりました。

今までウーバーイーツの支払いシステムはクレジットカードの決済が基本で注文者と配達員との間にお金のやり取りは発生しませんでした。

もし現金払いが可能になったら、注文者との代金のやり取りが発生するので、配達効率に影響してくることがまず第一に考えられますが、実際の所どうなのか?

今回はウーバーイーツの配達で現金払いが可能になったメリット・デメリットを配達員の視点からまとめていきます。

ウーバーイーツの現金での支払いが解禁 in 大阪

現金払いの仕組み

11日27日(火)より、大阪エリアでクレジット・デビットカードの他、注文者は現金で支払うことができるようになりました。配達員は収入の一部を現金でより早く受け取ることができるようになります。

受け取った現金はそのまま配達員のものになりますが、後日お店と Uber への手数料が翌週のお支払い分またはクレジットまたはデビットカードから控除される仕組みになっています。

差額の精算について

注文者から受け取る金額が、実際に受け取るべき配送料より多くなることがあります。例えば、2,000円の注文額に対して配送料が500円だった場合、配達を完了した時点で1,500円余分にお金を持っていることになります。この1,500円は Uber に返金する必要があるため、クレジットカードまたはデビットカードの登録が必要となります。

このため、現金払いの配達を希望する場合、クレジットカードまたはデビットカードの登録が必須となります。

【クレジットカードの登録方法】

①Uber ドライバーアプリを開き、「アカウント」→「お支払い」をタップ。

②「Uber へのお支払い」の項目の中に、「支払い方法の追加」が表示される。

③「支払い方法の追加」を選択し、クレジットカード情報を入力。

現金払いを受け付けたくない場合

現金払いの配達を受け付けたくない方は、アプリ【Uber Driver】から「運転の設定」ページより、「現金払いを受け付ける」を「オフ」にすることで、現金払いの配達依頼が通知されないようになります。具体的手順は以下を参考にして下さい。

[注1:Uber または Uber Eats のユーザーアカウントでカード情報を既に登録している場合、現金払いの配達リクエストの初期設定が「オン」になっています。

注2: カード情報を登録していない方は、「運転の設定」ページが表示されず、現金払いを受け付けない設定になっております。]

手順

①ウーバーイーツのアプリ【Uber Diver】を立ち上げます。

②トップ画面右下のボタンをタップします。

③右下の「運転の設定」ページをタップします。

④「現金払いを受け付ける」の設定をオフにする。

注文者が注文額分の現金を持っていない場合

注文者が現金を持っていない場合でも、そのまま商品を渡せば大丈夫です。

その後、配達アプリのヘルプを確認し、「乗客が料金を支払わなかった」または「乗客が料金の一部を支払わなかった」をタップし、表示される指示に従えばOKです。

さらに詳しくはウーバーイーツのHPに記載があります。⬇️
詳細ページ

実際に現金払いで配達をやってみた。

実際に現金払いをやってみた結果、感じたことをメリット・デメリットでまとめてみました。

メリット

報酬がすぐに受け取れる。

ウーバーイーツの報酬は月曜日午前締め→水曜日払いの週払いが基本でした、元々報酬の支払いタイミングは早かったのですが、現金払いを受け付けると配達完了の瞬間に現金で受け取れることになります。

チップがもらえる。

たまにお釣りの端数分はチップとしてくれる方がいらっしゃいます。
100円、200円ですが現金特有のメリットと言えるでしょう。

配達機会が増える。

個人的な体感ですが、現金支払い可にしていると、待機時間が減った気がします。
僕の配達経験で、だいたい3回に1回は現金支払いの方がいますので、現金支払い可にしていない人に比べて配達機会は増えます。

デメリット

支払いの手間が発生する。

従来は商品を受け渡したら配達終了ですが、現金払いの場合は商品受け渡しの際、注文者から代金を受け取り、お釣りを渡す作業が必要になってくるので、その分の”手間”が発生します。と言っても時間にして1分ぐらいでしょうか、配達中は結構時間が気になるのでこの手間は悩ましい所です。

お釣りが必要。

注文代金は1円単位の請求がほとんどなので、お釣りの用意が必要になります。注文者は現金をちょうど渡してくれる場合がほとんですが、たまに1万札でお釣りを求められることがあります。そのため、小銭と千円札は多めに用意しておきましょう。

ちなみに現金払いで配達をしていると小銭が増えて財布の中身が重くなってきます笑

さいごに

ウーバーイーツの現金払いについてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?

現金払いは手間だから支払いしないを選びたくなる所ですが、配達機会が増えるので現金配達をすることを個人的にお進めします。

ウーバーイーツの現金払いは18年12月時点、大阪だけでテストという名目で実施しているようです。

今後全国に現金払いが広がっていくかは定かではありませんが、現金払いによってウーバーイーツの利用者が増えてくれると、配達員の配達機会も増えるので、本採用するかに興味深いです。今後のUber側の動向に要注目です。

 

【a】Uber Eats 配達パートナー募集

UberEatsの配達員に興味がある方は、まずはUberEats配達パートナーに登録してみましょう!

配達パートナーの登録は無料で「期間内に配達1回達成で5,000円」などUber Eatsではキャンペーン※を実施しています。※予告なく変更・終了の可能性あり

UberEats配達パートナーに登録する

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください