お役立ち情報

【新車バイクの買い方】レッドバロン・正規代理店・直売店お得なのは?

どうも、こんにちは。ハルオ(@haruovlog)です。

  • 新車バイクを購入したいけど、どこで買ったらいいの?
  • 複数のバイク屋で見積もった方がいいの?
  • 複数店で見積するメリットが知りたい。

そんな疑問を持っている方に、最近カワサキ ニンジャ650を新車購入したハルオが実体験を踏まえて、疑問を解決していきたいと思います。

この記事では

  • 新車バイクはどこで買えるのか?
  • 実際に複数店で見積りを出した結果、どこで買うのが最適か?

について、解説していきます。

新車バイクの購入に迷われている方の参考になれば幸いです。

僕が新車購入したバイクはニンジャ650

今回新車の見積もり依頼するバイクはカワサキのニンジャ650(20年式)です。メーカー希望小売価格は900,200円(税込)

新車購入は人生で2回目で、前回はNMAX155を購入しました。(中古含めると5台目のバイク購入)

NMAX155は既に発売済みのモデルだったので、当時はグーバイクで掲載されている新車で一番安かった店舗で購入しました。

【155ccのメリット・デメリット】僕がNMAX155を選んだ理由どうも、こんにちは!ハルオです。 今回はバイクの購入を考えている皆様へ、僕がなぜ多様な排気量がある中150ccを選んだのか?につい...

一方で新型ニンジャ650は20年2月に発売予定のところを1月に予約することにしたので、まだ市場に出回っていませんでした。

グーバイクで掲載されている車両も限られているため、どこで新車のバイクを買うことができるか?を調べることに。

新車バイクが購入できる店舗について

結論、新車を購入できるバイク屋は下記の通りです。

  • メーカー直営店
  • 販売正規代理店
  • レッドバロン

メーカー直営店とは要はディーラーのことでホンダならホンダドリーム、ヤマハならYSP、カワサキならカワサキプラザのことですね。

一方で販売正規代理店は個人商店含め、メーカーから新車を卸し販売している店舗です。大手中古販売店のレッドバロンもここにあてはまります。実はレッドバロンでも新車を購入することができるのです。

最近はホンダは251㏄以上はホンダドリームで、カワサキは大型バイクはカワサキプラザでしか新車購入できなかったりと、残念なことに年々新車販売はディーラー専売の動きになっています。

新車の取扱店舗は各社のHPで調べることができます。リンクは下記にまとめましたので参考にしてみてください。

まだ発売する前のバイクを購入する場合は、上記の新車取扱店に直接問い合わせしたら、予約販売の対応をしてくれます。もちろん見積もりだけしてもらうということも可能です。

今回の見積もりはカワサキプラザ、販売正規代理店、レッドバロン

この3つから新車の見積もりをしてもらったので、値段やサービスについて比較していきます。

レッドバロン・正規販売代理店・メーカー直営店の見積もり結果

それぞれの見積もり結果は下記の通りです。

見積もりの前提は

  • 車両はフルノーマル
  • 自賠責保険37ヵ月
  • 三年の盗難保険あり

で計算しています。

正規販売代理店

車両本体価格902,000円
登録届出手続き代行費用36,340円
自賠責保険(37ヶ月)14,950円
重量税(126cc以上)6,800円
キャッシュレス還元(5%)-48,000円
KAZE会員3,300円
盗難保険(3年)KAZE57,380円
合計972,680円

盗難保険の加入方法はいくつかありますが、一般的にはカワサキモータースが運営しているKAZE会員に入ることによって盗難保険に入ることができます。(メーカーが用意している保険)

盗難保険に関しては決して安くはないけど、新車の大型バイクは盗難された時のリスクが非常に大きいので、僕は必ず加入するようにしています。

また、見積もりを出してもらったバイク屋はキャッシュレス還元5%対象の店だったので、盗難保険を抜いた代金960,000円の5%に当たる48,000円がキャッシュレス還元の対象で割引されるので、支払い金額はかなり少なくなります。

バイクの購入は新車・中古車問わず、キャッシュレス還元の対象なので、バイクを安く購入したいという方はキャッシュレス還元対応の店で買うことをおすすめします。

キャッシュレス還元についておすすめ記事
【期間限定】新車・中古バイクの購入はキャッシュレス還元がお得【5%オフ】どうも、こんにちは。ハルオ(@haruovlog)です。 2019年10月から消費税が8%から10%へ引き上げされました。 ...

レッドバロン

車両本体価格902,000円
登録届出手続き代行費用38,500円
自賠責保険(37ヶ月)14,950円
重量税(126cc以上)6,800円
盗難保険(3年)レッドバロン20,910円
バイクロック16,500円
合計983,160円
その他
オイルリザーブ(30L)12,000円

レッドバロンの特徴は何と言っても盗難保険の安さです。たった2万円で三年間の盗難保証が受けられますから。バイクロックを同時購入しないといけませんが、それを含めても3万6,500円なので全然安いです。

またオイルを先取り購入しておくレッドバロン独自の「オイルリザーブシステム」もかなりお買い得と言えます。レッドバロンでしかオイル交換はできませんが、30Lの部分合成油を12,000円で購入できるのはマジでコスパが良すぎです。

正直、中古バイクは割高感があるのがレッドバロンの印象でしたが、新車バイクの購入となると、第一候補に入ってくるのではないでしょうか?それぐらいお買い得なサービスが多数存在します。

ただし、キャッシュレス還元に対応していなかったのが残念なところでした。

カワサキブラザ(メーカー直営)

車両本体価格902,000円
登録届出手続き代行費用42,885円
圏外手数料11,000円
自賠責保険(37ヶ月)14,950円
重量税(126cc以上)6,800円
キャッシュレス還元(5%)-48,000円
KAZE会員3,300円
盗難保険(3年)KAZE57,380円
合計1,038,315,円
その他 
メンテナンスパック6回115,720円

カワサキプラザは自宅から県外の店舗に赴いているので、圏外手数料が取られているのと、整備費用等が少し高いので、3店の中では一番高い見積もり金額となっています。

キャッシュレス還元に対応していないのも大きいですが、100万円を超えてくると割高感は否めないかなと思います。

カワサキプラザで購入するメリットとしては新車の保証期間が、メーカー保証二年に加えて1年間がカワサキプラザで無料で保証してくれるます。(延長保証も可能)。

さらにメンテナンスパックと称した6回分のメンテナンスが定期的に受けられるパック料金のプランがあります。(3年間想定)

料金について、消耗品はオイル以外は自己負担の全6回分で115,720円、一回あたり約20,000円の整備代が発生するので、まさにブルジョア向きの店舗となっています。

店舗の内装もまるで、おしゃれなブティックのような高級感漂う仕様になっているので、貧乏人は相手にはしないのでしょうか?といった印象でした。

それぞれの値段の総額と特徴をまとめると下記の通りです。

正規販売代理店レッドバロンカワサキプラザ
料金972,680円983,160円1,038,315円
オプションオイルリザーブ(12,000円/30L)メーカー保証+1年(無料)
メンテナンスパック(115,720円/6回)

最終的に正規販売代理店で購入

最終的に新車ニンジャ650は正規販売代理店で購入しました。

購入理由は単純にキャッシュレス還元5%対応で一番安かったからですね。5%対応だと100万円のバイクで5万円が還元されるから正直この金額差は大きいです。

一方で、キャッシュレス還元がなかった場合はレッドバロンが

  • オイル料金、盗難保険が安い
  • 全国に店舗があるので、整備も安心できる

なので一番お買い得感があると感じました。もし次回新車を購入するとなった場合はレッドバロンで購入する可能性が高そうです。

カワサキプラザは内装がきれいで高級感漂う店舗なのと、ディーラー専属メカニックが整備してくれるので、故障した時の安心感は良い点なのですが、いかんせん店舗数の少なさがネックでした。

僕みたいな田舎在住だと最寄りのカワサキプラザに行くだけでバイクで1時間以上かかりますから、流石に点検するために毎回気軽に行く気にはなれなかったです。

後、メンテナンスパックが6回で10万以上するのは高過ぎだと感じました。(消耗品はオイルのみ含む)正直そこまでしてディーラーに行く価値があるのかは疑問です。

ただ、最近のバイクは高度なコンピューター制御で動いているので、修理するのも高価なコンピューターを仕入れないといけないらしく、小さいバイクショップで最新のバイクの修理が難しくなっているという実情もあるみたいです。

今後はディーラー店のような大きな店舗でしか修理を受け付けてくれない可能性もあるから悲しい限りです。

新車バイクの買い方まとめ

まとめると、販売前の新車を予約できるバイク屋は下記の通りです。

  • メーカー直営店
  • 販売正規代理店
  • レッドバロン

しかし、最近はメーカー直営店でしか新車を取り扱えない方向に進んでいるので要注意(ホンダは251㏄以上は「ホンダドリーム」、カワサキは大型バイクは「カワサキプラザ」でしか新車購入ができない)

また、価格のリーズナブルさで言うと、

レッドバロン>販売正規代理店>メーカー直営店
※キャッシュレス還元5%に対応しているかも要チェック

と言ったところです。

結局、どこでバイクを買った方がいいのか?に関しては、

メーカー直営店はディーラー整備を受けられることがメリットですが、価格を考えると正直そこまで魅力的には思えなかったです。なので、基本的には馴染みの店か、安いところで買えばokというのが僕の見解です。

以上、新車バイク購入の参考になれば幸いです。

 

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonでお得に買い物をするなら、Amazonギフト券の購入チャージがおすすめです。

現金でチャージするたびに、チャージ額 x 最大2.5%分のポイントがもらえます。

Amazonプライム会員は、特にポイント付与率が大きいので、使わないと損です。

ハルオ
ハルオ

AMAZONの購入がメインの人は絶対損しない、お得な制度です。是非活用しましょう。しかも今なら初回限定で1000円分のポイントがもらえるキャンペーンを実施中です。

\初回チャージで1000ポイントが無料贈呈/

コンビニ・ATM・ネットバンクが対象,1円単位で購入可能

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です