バイク用品

【レビュー】バイク用スマホホルダーはラムマウントが便利でおすすめ

どうも、こんにちは。最近大型バイクを購入した ハルオ(@haruovlog)です。

バイク用にスマホホルダーを探しているんだけど、たくさん売っているし、どれを買ったらいいんだろう?おすすめのスマホホルダーが知りたい。

今回はそんな方に向けて、僕が実際使っているスマホホルダー『ラムマウント X-GRIP』を紹介します。

ラムマウント X-GRIP』はスマホの脱着が簡単にも関わらず、ガッチリとスマホをホールドしてくれるので、控え目に言ってマジでおすすめのスマホホルダーです。

ハルオ
ハルオ

僕はスマホホルダーを5種類ほど今まで使ってきましたが、この『ラムマウント X-GRIP』が一番使い勝手が良くてオススメです。

この記事では

  • ラムマウント X-GRIPの特徴
  • ラムマウント X-GRIPを実際に使ってみた感想

を解説していきます。

バイク用にスマホホルダーの購入を検討している方の参考になれば幸いです。

ラムマウント X-GRIPの基本情報

ラムマウントは、アメリカで1995年に創業したRAM MOUNTS社が販売している、スマホやカメラなどを固定するためのマウントシステムの総称のこと。

製品はアメリカで生産されており、数多くのマウントキットを開発してきた実績から品質の高さと使いやすさには一定の評価を得ています。

ラムマウント X-GRIPのセット構成

ラムマウントは普通のスマホホルダーと違い複数のパーツで構成されているのが大きな特徴です。

構成は下記の通り3つのパーツで構成されています。

 

マウント部、アーム部、ベース部がそれぞれ数種類ずつ用意されているので、それらを組み合せることで『自分専用のマウントを作ることができる』というわけです。

一方で、

マウント部、アーム部、ベース部を別々で揃えられるのはわかったけど、それぞれどれを買ったらいいのかよく分からないよー

という方が殆どだと思います。

そこで僕がオススメしたいのが、『あらかじめバイクにマウントするためのパーツがセットになった物を購入することです。

僕は下記のセットをAMAZONで購入しました。

『RAM MOUNTS(ラムマウント) マウントセット Xグリップ&U字クランプ スマートフォン用 テザー付き ブラック RAM-B-149Z-UN7U』の主な特徴は下記の通りです。
ラムマウントセット X-GRIPの特徴
  • バーハンドルにスマホがマウント可能になるセット
  • U字クランプはΦ13~Φ31に対応
  • 対応スマホの幅は約48mm~82mm、厚みは22mmまで
  • 脱落防止用のテザー(ゴムバンド)が付属

参考にラムマウントのパーツ群について、ラムマウントの正規輸入代理店のホームページに記載があったので載せておきます。

ラムマウントのパーツリストへ

ラムマウント X-GRIPの内容物

到着時はRAMマウントのセットがまとまって梱包されており、外箱がなかったのは意外でした。

プチプチなどに包まれていなかったので、傷がつきそうなのが気になるところです。

物自体は金属製でかなりずっしりしているので、「到着時に壊れていた」ということはなさそうですが。。郵送の雑さは少し心配になってきます。

 

 

内容物は上記の通りで、右上から時計回りに

  • ベース部分
  • 脱落防止のため付属のテザー(ゴムバンド)
  • U字クランプ(小)
  • U字クランプ(大)
  • クランプネジ*2
  • クランプ用のゴム製スペーサー
  • ネジキャップ*2
  • マウント部分(X GRIP)
  • アーム部分

が入っています。

RAMマウント X-GRIPの外観

まずはスマホのマウント部であるX-GRIP本体から見ていきます。

 

▼Xの部分はバネが入っているので、下記のような感じ、手で広げてスマホを挟むことができます。

 

▼試しにiPhone6sを取り付けてみました。厚みにはかなり余裕があるので、バンガーリングを取り付けていても固定することができます。

 

▼次にマウントセットの外観。左からマウント部、アーム部、ベース部です。

 

▼三点はアーム部に挟み込むことで固定できます。手締めなので、セッティングも簡単です。

 

▼ボールジョイントで接続なので、角度も自由自在、車種によって好きなポジションに固定できるのがラムマウントの魅力です。

 

ラムマウント X-GRIPを組みつけてみた

それでは、ラムマウントをバイクに組みつけていきます。組みつける箇所はバーハンもしくは、クランプバーに取り付けましょう。

今回僕が組みつけるバイのは20年式のNINJA650です。

NINJA650はセパハンなので、RAMマウントのベース部を取り付けるバーがありません。

解決策としてデイトナ製の「マルチバーホルダー」を組み付けることで、ラムマウントをクランプするバーとすることにしました。

 

次にラムマウントのベース部とハンドルバーをボルトで締め付けます。作業自体は特に難しくないですが、ボルトは11mmと珍しめの経なので要注意です。

僕の工具箱に11mmはなかったので、めんどくさいながら新しくレンチを購入しました(10mmと12mmはあったのですが…)

 

▼組み付けはクランプをバーに挟み込んで、11mmのレンチで締めるだけ。付属のゴム製スペーサーは使わなくても問題ないですが、バーを傷つけたくない人は挟んだ方がいいかもですね。

 

▼最後にアーム部とマウント部の角度を調整します。ボールジョイントが二ヶ所あるので、様々な角度をつけることができます。

ラムマウント X-GRIPを使用した感想

ここからは『ラムマウント X-GRIP』を実際に使用してみた感想を書いていきます。

先に言うと、特に使っていて不満点はなく、ベタ誉めしています。

それぐらいマジで使いやすいんですよね。

スマホの脱着は簡単なのにガッチリ固定

マウント部のX-GRIPでスマホを挟み込むことで簡単にスマホを固定できるにも関わらず、X-GRIPはかなり強力なバネが内蔵されているので、スマホがずれたことは一度もありません。

脱落するということもまぁないと思います。

一応脱落防止用でゴムバンドも付属していますが、不要なぐらいガッチリと固定してくれます。

調整なしで多様なスマホサイズに対応可

X-GRIPは4点で固定するというシンプルな固定方式かつ可動式なので、調整なしでほとんどのスマホサイズに対応してします。

他のスマホホルダーと特に違うところは、幅だけでなく、厚みもかなりの長さに対応しているということです。

バンガーリングを付けているスマホでも装着することができますから。

どんなスマホサイズでも調整なしで取り付けできるのはラムマウントの大きなメリットだと言えます。

ポジションの変更は簡単かつ、自由自在

マウント部、ベース部、アーム部の接続部分の3点で固定する方式ですが、うち2点はボールジョイントを採用しているため、自由自在にポジションを変えることができます。

固定ネジの開け閉めも手締めでできるので、色々な角度に簡単に調整できます。

実際に使ってみるとこれがマジで便利です。

スマホの位置を『普段は縦向きにして、ツーリングの時はナビが見やすい横向きにする』なんてこともラムマウントなら一瞬でできます。

ラムマウント X-GRIPの総評

以上、『ラムマウントX-GRIP』の紹介でした。

6千円前後とスマホホルダーとしては高めの値段となっていますが、

  • スマホ着脱のしやすさ
  • スマホのホールド力
  • 組み合わせの柔軟性

などX-GRIPは他のスマホホルダーとは一線を画する程の利便性を備えているので、マジでおすすめのスマホホルダーと言えます。

以上、バイク用のスマホホルダー選びに悩まれている方の参考になれば幸いです。

 

総評

ホールド力:     
脱着のしやすさ:   
利便性:       
組み付けやすさ:   
コスパ:       
総合評価:      

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonでお得に買い物をするなら、Amazonギフト券の購入チャージがおすすめです。

現金でチャージするたびに、チャージ額 x 最大2.5%分のポイントがもらえます。

Amazonプライム会員は、特にポイント付与率が大きいので、使わないと損です。

ハルオ
ハルオ

AMAZONの購入がメインの人は絶対損しない、お得な制度です。是非活用しましょう。しかも今なら初回限定で1000円分のポイントがもらえるキャンペーンを実施中です。

\初回チャージで1000ポイントが無料贈呈/

コンビニ・ATM・ネットバンクが対象,1円単位で購入可能

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です