バイク用品

SHOEI Z-7を使用レビュー【軽量ヘルメットの決定版】

どうも、こんにちは。ハルオ(@haruovlog)です。

  • ヘルメットって重くて肩が凝って困る。オススメがあったら教えて欲しい
  • 軽量コンパクトで快適なヘルメットが知りたい

今回はそんな方に向けて、ヘルメットメーカー最大手のSHOEIが発売しているロングセラーモデル『SHOEI Z-7』を紹介します。

SHOEI Z-7』の特徴はなんといってもその圧倒的な軽さです。

他社のヘルメットの追随を許さないぐらいの軽さとコンパクトさを追求したその快適性は普段使い~長時間のツーリングまでどんな場面でも疲労感を軽減できること間違いなしです。

ハルオ
ハルオ

発売から五年以上経過しているモデルですが、いまだに売れ続けているのが人気の高さを物語っています。

この記事では

  • SHOEI Z-7の特徴
  • SHOEI Z-7を実際に使った感想

を解説していきます。

フルフェイスヘルメット選びの参考になれば幸いです。

SHOEI Z-7 基本情報

安全規格JIS
重量 (Mサイズ)1,356g
顎紐Dリング
付属品チンカーテン、ブレスガード、ピンロックシート
主な特徴SHOEIが展開する軽量かつコンパクトなフォルムを追求するZシリーズの最新版。圧倒的な軽さとエアロフォルムはライダーの疲労軽減に大きく寄与するツーリングヘルメットの決定版
希望小売価格:45,000 円 (税抜)

SHOEI Z-7 外観

今回紹介するのはZ-7のグラフィックモデル『ドミナンス グリーン』。現在は既に廃盤になっているモデルです。

SHOEIのグラフィックモデルは結高廃盤になっているモデルが多数存在するので、気になったら早めに購入する方がいいかもしれません。

サイズはいつも通りMサイズを購入しました。

 

▼横

▼後ろ

サイズは地面に置いた状態で約25×23×34(cm)(高さ×横幅×奥行き)です。

OGK Kabutoの軽量コンパクトなフルフェイスヘルメット『エアロブレード5』と試しに大きさを比較してみます。

▼外観比較

高さと横幅はエアロブレード5とZ-7はほとんど変わりがありませんが、奥行きがエアロブレード5はかなり長いです。

横に並べてみると全体的なフォルムの違いがよくわかり、Z-7の方がコンパクトでより球体に近い感じです。

SHOEI Z-7 重量

 

『Z-7』の重量は実測で1,403gでした。ヘルメット内にはインカム用のスピーカーと配線があるので、実際のところは1,380gぐらいだと思います。

ちなみにメーカー公式HPによる重量記載は下記の通りです。実測値とほぼ同じ数値に収まっていることが分かります。

フルフェイスヘルメットの平均的な重量が1,500g。1,400g台でも軽量な部類に入る中、Z-7は驚異的な軽さと言えます。

持った感じから軽いのがわかりますし、実際に被って首を左右に振ると、明らかに首にかかる負担が他のヘルメットと違うのがわかります。

ハルオは肩が凝りやすく、普通のヘルメットなら1時間ぐらいで首・肩が凝ってしょうがないのですが、Z-7はロングツーリング時も首・肩が凝ることなく、疲労感が全然違います。

ヘルメットを選ぶ上で重量は安全性の次に重視すべき要素だとこのヘルメットを被って実感しました。

それぐらい軽いヘルメットというのは疲労感が違います。

SHOEI Z-7 内装・顎紐

内装は基本的な部分は全て取り外し可能で洗うことができます。また内装のパッド部分の厚みを変更することで、ヘルメット内のサイズ調整をすることが可能です。

ただし、内装の調整は店舗でやってもらう必要があるので、要注意です。(ちなみに内装セットは一万円します。高い。。)

被り心地として、全体的に内装のパッドのクッション性はあまりなく、ガッチリとホールドしてくれる感じです。チークパッド周りもしっかりとホールドしてくれるので、安心感があります。

内装の素材には東レ製の高吸放湿性ナイロン素材、quup(キュープ)を採用することで効果的に汗の吸収を早めてくれるので、夏場で汗をかいてしまう状況でも快適な状態をキープできます。

また肌に直接当たるチークパッドやうなじの部分には起毛素材が採用されているので、肌触りとしてソフトな感触がして高級感があります。

▼内装は高吸放湿性の起毛素材を採用しているので、肌触りが良い

 

顎紐はDリングを採用しています。

個人的には『SHOEI GT-Air2』みたいな片手でも取り外しができるマイクロラチェット方式の方が取り外しが楽チンで好みなのですが、安全性対策でDリングにしたのかもしれません。

Dリングは片手は愚かグローブをつけた状態でも取り外せないから使い勝手は正直微妙なんですよね。

Z-7はツーリングヘルメットの位置付けなので、次回作からGT-Air2と同様にマイクロラチェットに変更して欲しいところです。

 

▼顎紐はDリングを採用

SHOEI Z-7 シールド

Z-7のシールドの開度は8段階に微調整できるので、チョイ開けに対応できるのは地味にありがたいポイントです。

シールドを全閉時には、密閉性を高めるためシールド左ノブ部裏側のフックをシェル側の溝に引っ掛けて固定する構造になっています。

そのおかげで、走行風でシールドの隙間がガタつくということは今のところ一度もありませんでした。

▼Z-7は曇り止めのピンロックシートを標準装備

SHOEI Z-7 空力性能

ヘルメットはコンパクトなため、風の抵抗は受けずらく、直進安定性は優れてると感じました。

流石にレーシング仕様のヘルメットや上位モデルのX-14に比べると高速域では劣る感じが多少しますが、一般公道を走る分には必要十分です。

コンパクトなのとSHOEI独自のエアロフォルムによって十分な空力性能と安定感を発揮しています。

SHOEI Z-7 静粛性

静粛性は総じて優秀で、走行中にインカムで音声通話しても相手側の音声をしっかりと認識することができます。

相手側の方もバイクに乗っているのに気づかないくらい走行音や周りの雑音が聞こえていない様子でした。

ただ、上記は下道前提の話で、高速走行時は、風との抵抗音が大きくなるので少し静粛性は下がる感じがしました。

それでも密閉性が高いのかヘルメットの中ではわりと音が抑えられるので十分静か目な部類には入ります。

SHOEI Z-7 ベンチレーション

ベンチレーションの箇所は以下画像の通り、5か所にあります。

▼シールド下に開閉式のベンチレーションが一つ

 

▼頭頂部に開閉式のベンチレーションが3つ

 

▼後頭部に開閉式のベンチレーションが1つ

 

口元のベンチレーションはあまり効いている感じはしませんが、頭頂部のベンチレーションは顔~後頭部まで空気の流れを感じることができたので結構効いてる方だと感じました。

全体的に空気の流入はしっかりと感じることができたのでフルフェイスの中では優秀な方だと言えます。

ちなみに、チンカーテンをしてない状態だと、首もとからの風の巻き込みが多いので、ベンチレーションではないですが、わりと首もとは涼しかったりします。

SHOEI Z-7 まとめ

やはり圧倒的な軽さとコンパクトさがSHOEI Z-7の特徴になっています。

特に重量はヘルメットの重要な要素で、軽いと肩・首にかかる負担は軽減されるので、ツーリング時の疲労感は全然違います。

SHOEI Z-7は軽いから静粛性や空力性を犠牲にしているわけでもなく、非常に高い水準でまとまっているため、公道で走る分だとこれ以上快適なヘルメットは存在しないのでは?と思ってしまいます。

予算的に問題なければ、『SHOEI Z-7』は一つ持っておいても間違いなく損はしない。そんなヘルメットだと感じました。

総評

軽さ:        
大きさ:       
静粛性:       
被り心地:      
機能性:       
ベンチレーション:  
空力性能:      
コスパ:       
総合評価:      

 

【レビュー】OGKエアロブレード5はコスパ最高の軽量ヘルメット決定版どうも、こんにちは。ハルオ(@haruovlog)です。 『エアロブレード5』はArai、SHOEIに次ぐ国内3番手メーカ...

 

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonでお得に買い物をするなら、Amazonギフト券の購入チャージがおすすめです。

現金でチャージするたびに、チャージ額 x 最大2.5%分のポイントがもらえます。

Amazonプライム会員は、特にポイント付与率が大きいので、使わないと損です。

ハルオ
ハルオ

AMAZONの購入がメインの人は絶対損しない、お得な制度です。是非活用しましょう。しかも今なら初回限定で1000円分のポイントがもらえるキャンペーンを実施中です。

\初回チャージで1000ポイントが無料贈呈/

コンビニ・ATM・ネットバンクが対象,1円単位で購入可能

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です