Uber Eats

【大阪】年末年始のUber Eats(ウーバーイーツ)は稼ぎ時なのでおススメ

どうも、こんにちは。ハルオ(@haruovlog)です。

今年の年末年始はみなさんいかが過ごされましたか?

僕はUberEats(ウーバーイーツ)で配達しつつ、家族と会ったり、地元の友達と飲みに行ったりしていました。

だいたい夕方までは暇なので、昼過ぎまではUberEatsをやって小遣い稼ぎをする感じですね。

年末年始は高時給のバイトが多いですが、拘束時間が一日とかがほとんですよね?
UberEatsならスキマ時間を有効活用できました。これぞUberEatsならではの働き方でした(^^)

そんな年末年始ですが、思ったよりUberEatsの時給がよかったので報告したいと思います。

2018/12/24~2018/12/31の売り上げ

18年年末の売上は以下になります。

●内訳

クエストで+400円され時給換算1,218円。

年末といえど土日以外はクエストの適用がなかったので、クエスト適用は12/30(土)の一回のみ。

しかし年末はUberEatsの配達員が少ないことと、配達需要が増えることが重なったため、終日注文は鳴りっぱなしで、待機時間は発生しませんでした。

今思えばもっと働いていればよかったと思います。

2019/1/1~2019/1/7の売り上げ

19年年始の売上は以下になります。

クエストで+1,800円されて時給換算1,277円。

年始も年末同様、需要に対する配達員の供給が追い付いていないのか、待機時間は少なめの傾向でした。

ただしクエストが後1件で達成するという時で注文が30分ぐらい入らなかった時があったので焦りました。Uber側で何か調整しているのかもしれません。

年始最終稼働日の1/6(土)は思ったより注文が入ってこなかったので早めに終了。普段の週末と配達の需要は変わらない印象でした。

1/1~1/3は全く稼働しませんでしたが、上記と同じで需要に対する配達員数が足りていなかったと思われるので、配達員一人あたりの配達件数は多かったと推測できます。

さいごに

配達とは別ですが、年始に「現金配達の先行登録・配達キャンペーン」ということで5,000円いただきました。現金配達にこんな特典があったとは気づきませんでした笑。

以上で年末年始の収益を計算すると

17,169円+5,000円で22,169円 

稼働時間は13.75時間なので、時給換算すると1612円!

うーん、、、年末年始は正にUberEatsをやるべき時期でしたね。正直大阪でここまで高時給でやれることはないですからね。

今回の配達で学んだことは、他の人がやらない時期にやったらがっぽり稼げるということ、例えば雨の日とかってみんな出かけないから配達需要は増えるけど、Uberの配達員も稼働しませんよね?そんな具合に考えていくことも稼ぐポイントの一つだと思います。

後、大阪市は全エリアに配達区域が拡大した一方で、配達員はまだまだ難波、梅田を中心で働いている方が大半なので、南の方で配達を取っていくのもありかもしれません。ブースト率は低いですが、待機時間が少なかったら時給換算で1,000円以上は普通にいきます。

以上、年末年始のUberEatsの活動報告でした。

 

【a】Uber Eats 配達パートナー募集

UberEatsの配達員に興味がある方は、まずはUberEats配達パートナーに登録してみましょう!

配達パートナーの登録は無料で「期間内に配達1回達成で5,000円」などUber Eatsではキャンペーン※を実施しています。※予告なく変更・終了の可能性あり

UberEats配達パートナーに登録する

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください